スポンサーリンク

[WBS]8年ぶり高水準も!街角景気 先行きは懸念の声[ワタミ株式会社]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

タクシー運転手やコンビニの店員など景気に敏感な人々に聞く景気ウォッチャー調査が12月8日に発表されました。

こちらは現在の景気の実感を示す指数のグラフで50を上回ると景気が良いと感じている人が多いことになります。この11月は56.3と8年ぶりの高水準。過去2番目に高い数字となりました。

ただ景気の先行きを示す指数は3ヵ月ぶりに低下に転じました。

一体なぜなんでしょうか、取材しました。

“街角景気”先行きに警戒感!値上げの波 オミクロン株も・・・

東京・墨田区。こちらのスーパー「スーパーイズミ」の社長はあることに不安を感じています。

案内されたのは食用油の棚です。

スーパーイズミの五味衛社長。

大豆の不作で3~4割値上がりした。

この値段だとうちではほとんど売れない。

300円以下でないと売れない。

ほかにも乳製品や野菜などの値上がりが不安の要因です。

12月8日に発表された景気ウォッチャー調査では価格高騰が景気の先行きに影を落としていて、2~3ヵ月先の見通しを示す先行き判断指数は53.4と先月より4.1ポイント下落しました。

クリスマスや忘年会が続く12月は本来なら書き入れ時ですが・・・

年末の売り上げの見通しは1割くらい下回るのでは。

新しいオミクロン株、どれくらい影響があるか心配。

新たな変異株、オミクロン株も先行きの心配材料になっています。

12月8日、ナイジェリアに滞在した後、日本に到着した50代の男性からオミクロン株が確認されました。

国内では4例目です。

また京都大学の研究チームは南アフリカのハウテン州の疫学データなどを利用し、オミクロン株を分析。1人の感染者から何人にうつすかを示す実行再生産数は少なくとも2倍に上るといいます。

愛知県の自動車販売店「ホンダカーズ東海 名和店」も先行きに不安を感じています。

こちらの心配のタネは半導体不足です。

春ごろから世界的な半導体不足の影響で新車の納車は3ヵ月~半年先まで伸びていて、今後の動向も不透明です。

ホンダカーズ東海 名和店の中島亮一店長。

半導体など部品の供給によって納期やナビゲーションも半導体が使われているので、そういったところが改善されるといいのかなと感じている。

飲食業 先行き不安も攻めの一手!

ワタミ すし事業参入の狙いは

一方、東京・新橋の飲食店街。徐々にお客様が戻りつつあります。

景気ウォッチャー調査でも飲食関連は景気の現状判断指数が先月より改善しました。ただ先行きはほかの業種と同様低下しています。

外食業界はどう乗り切ろうとしているのでしょうか。

ワタミの渡邉美樹会長兼社長。

すし事業に新規参入することになった。

大手外食チェーンのワタミが発表したのが創業以来初めてとなるすし事業への参入です。

店の名は「すしの和」。

1号店が公開されました。

業界団体の統計では居酒屋は前の年に比べて売り上げが3割以上減っていますが、すしなどは5%増と対象的です。

回転ずしのマーケットは7,000億円を超えている。

他のすし店から3回に1回来たとしても、そこには2,000億円以上のマーケットがある。

ワタミのすし店は従業員が一貫ずつ握るスタイルですが、マグロの赤身が一貫96円とリーズナブルな価格設定にしました。

客単価はこれまでの居酒屋よりも500円高い3,000円を想定しています。

くら寿司はZ世代向け店舗!?

すし業界では先を見据えた新たな動きも・・・

コロナ禍にも関わらず過去最高の売上高を記録した回転寿司チェーン大手のくら寿司。

好調の中、繰り出した次の一手が・・・

くら寿司の田中信副社長。

大手外食チェーン初のZ世代向けの店舗「くら寿司 原宿店」をオープンします。

原宿に12月9日にオープンするこちらの新店舗。

1990年代半ば以降に生まれたZ世代がターゲットです。

"世界一映える"すし屋を実現したといいます。

その仕掛けというのがこちらのスイーツ屋台。

専用の機械を使って作っていたのは原宿の名物でもあるクレープです。

SNS映えするように生地もカラフルに。

さらに今回、すしも楽しめるクレープ「sushiクレープ」も開発しました。

増田洋一記者。

中にしゃりを揚げたものが入っているので、クレープですがちょっとお寿司を食べているような感じがします。

ほかにも映える写真や動画を撮影できるスポットを設置しました。

くら寿司ではZ世代は他の世代よりコロナによる収入の減少が見られるため、それが元に戻った後のリベンジ消費の意欲が高いと分析しています。

Z世代のリベンジ消費への爆発力であったり、消費を狙っていけたらと考えている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました