スポンサーリンク

[WBS]関西スーパー争奪戦!僅差でH2Oと経営統合[株式会社関西スーパーマーケット]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

大阪や兵庫が地盤の関西スーパーマーケットをめぐる争奪戦が決着しました。

阪急百貨店やイズミヤなどを展開するH2Oリテイリングが8月に経営統合すると発表したのに対し、首都圏が地盤のスーパー、オーケーが買収の意向を示し統合反対を呼び掛けていました。

10月29日に関西スーパーの臨時株主総会が開かれ、経営統合案が僅差で承認されました。

株式会社関西スーパーマーケット

関西スーパー〜いつも暮らしの近くにいます〜
兵庫、大阪を中心に展開する食品スーパーマーケット

午前10時から開かれた関西スーパーの臨時株主総会。

H2Oとの経営統合の議案は6時間を超える長丁場の結果、午後4時過ぎに可決・承認されました。

関西スーパーマーケットの福谷耕治社長。

勝ち負けではなく企業価値のあり方をすべての株主に判断していただいた結果。

ゴールではなく、これからがスタート。

10月29日の総会で株主の賛成は66.68%。経営統合に必要な株主の3分の2以上をわずかに上回る結果でした。

これについてH2O側は・・・

H2Oリテイリングの林克弘副社長。

株主が悩んだと思うが、3分の2以上の支持をいただけたのは今回の経営統合に理解・支援いただいた。

経営統合に反対していた関西スーパーの株主でもあるオーケー。

二宮涼太郎社長自ら総会に出席しました。

本当にぎりぎりだったので当然悔しい思いがあるが、3分の2以上ということなのでそのまま受け入れたい。

オーケーはTOB(株式公開買い付け)によって関西スーパーを買収するとの提案を取り下げると発表。

これでH2Oは傘下に216店舗、売上高4,000億円規模のスーパーを持つことになります。

関西スーパーは店舗運営を効率化しながら収益の強化を目指します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました