スポンサーリンク

[WBS]”サヨナラ”通勤ライナー!コロナで働き方に変化[東日本旅客鉄道株式会社]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

JR東日本を始め、首都圏の鉄道各社は3月13日にダイヤ改正を実施します。

最大のポイントは新型コロナで深夜帯の乗客が減少したことを受けた最終電車の繰り上げです。

今夜は東京駅に田中キャスターが行っています。

東日本旅客鉄道株式会社

JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社
JR東日本の公式サイト。列車の運行・時刻表・駅の情報や、旅行・観光、きっぷ、Suica、大人の休日倶楽部、ビューカードなどをご案内。企業・IR・採用情報もご覧いただけます。新幹線・特急、びゅう国内ツアーのインターネット予約ができます。

田中瞳キャスター、

私は今、東京駅の東海道線のホームに来ています。こちらに停車している電車は40年間、座れる通勤電車として運行してきた湘南ライナーです。明日のダイヤ改正を前に今夜最後の運行となります。通常午後6時半から1時間に1~2本走っていますが、今夜11時半の出発を最後に運行終了となります。東京-小田原間をつないでいますが今夜で最後となります。本日はJR東日本の執行役員、髙橋さんにお越し頂いています。

「コロナの影響は鉄道にも出ている?」

JR東日本の髙橋弘行執行役員、

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、首都圏では平日の定期の利用の方は6割程度まで落ち込んでいます。また深夜の時間帯にご利用のお客様は7割程度という状態。コロナ前の水準には戻らないと考えている。

早朝の茅ヶ崎駅。

午前6時25分、シャッターが開きます。

並んでいた乗客が向かった先は通勤ライナーの専用ホーム。

都心までプラス520円で座席を確保できる通勤電車です。

椅子に必ず座れる。息抜きです。

ただ最近の乗車率は定員のおよそ3割。新型コロナの影響で利用客は減少しています。

かつて通勤といえば身動きが取れない満員電車に揺られて会社へ通うものでした。

そこで混雑緩和の切り札として投入されたのが湘南ライナーなどの通勤ライナー。新しい通勤専用列車の文字が目を引きます。

オール2階建ての電車も導入。

働く人の強い味方として人気を集めました。

湘南ライナーを10年以上使ってきた田中静さんです。

電車に乗る機械も減った。週に1回乗るか、乗らないかぐらい。

ライナーで都内のオフィスに通っていましたが、今では自宅でのテレワークが中心だといいます。

通勤が往復2時間ぐらいかかる。ほぼなくなった意味ですごく生活が変わった。

コロナで本当に変わった。

JR東日本は湘南ライナーを始めとする通勤専用の電車を首都圏の各線路で運転していましたが、今回の廃止で無くなることになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました