[がっちりマンデー] よるビジネス(1)

よるビジネス!

スポンサーリンク

株式会社善管

まずは広島県広島市にある善管というちょっと変わった名前の会社。

「がっちりですか?」

ハハッ!

まあちょっとがっちりです。

御年70歳の小林栄次社長。

どんな「よるビジネス」でがっちりなのか?

ビルの清掃なんですけどね。

ビルの中の善管にしか出来ない清掃。

そこでその清掃が行われるSOGO広島店へ。

閉店後の夜11時。

店内から大きな荷物を持って現れたツナギ姿の小林社長。

「外に出てきましたけど今から何を?」

エスカレーターを掃除するんです。

「つまり善管の清掃仕事は・・・」

エスカレーター清掃の専門の会社なんです。

がっちりビジネス

善管は全国でも数少ないエスカレーター清掃専門の会社なんです。

そもそもエスカレーターは内部にあるモーターでチェーンを回し、ステップを回転させるという仕組み。

で、ポイントはステップの溝!

時間が経つと、どうしても溝にゴミや汚れが溜まってしまうため定期的な掃除が欠かせないんです。

ところが・・・

従来は3日くらいかかってました。

このステップを取り外して作業場まで運んで掃除して、また持ってきて取り付けてましたから。

「善管だと?」

取り外しはしません!

これまではある事情で仕方なくステップを取り外して清掃していた。

では善管はどうやってキレイにするのか?

善管の清掃方法

まずは踏み板部分。

溝に溜まったホコリを空気で吸い取る清掃マシンでジャンジャンジャンジャン吸い上げていく。

ほら、こんなにホコリが溜まっていた。スゴい!

開始から1時間半。

順調に清掃が進む中、おや小林社長が何やら組み立てていますが・・・

「社長、これなんですか?」

ウオンドという機械。

こちらのウオンドなる清掃マシン、グリップを握るとプシュッと水が出る仕組み。

ステップの溝にへばりついたしつこい汚れを水で洗い流してくれるって!

エスカレーターが水浸しになりそうだけど・・・

あれ!水が飛び散っていない!

外に出さずに吸いとる。

「つまり水が外に漏れない?」

漏れない。

なんと洗い流した水をすぐに吸い込んでいる。

これこそがエスカレーターの清掃を劇的に変えた立役者。

というのも、

エスカレーター内部の機械室に水が落ちると故障したり動かなくなる。

「今までこれがなかったから?」

エスカレーターを分解して洗っていた。

善管式清掃なら水が内部に漏れる心配がないからステップを取り外さずに作業ができちゃうってワケ!

となると気になるのは、

「これ誰が作ったんですか?」

私!

なんと小林社長自らオリジナル清掃マシン。

そして最後に手すりの清掃。

これまた小林社長が独自に調合した洗剤でキレイに仕上げていく。

作業開始から6時間、

エスカレーター清掃完成しました。

バンザ~イ!

ちょっとやりすぎたかなあ。

ビフォーアフター

ではご覧ください。

黒ずんでいた手すりがこんなにキレイに!

そしてステップは、ほら、安全灯がはっきりと見えるまでピッカピカ!

見違えるほどキレイです。

ステップの側面と溝も、あら~ビューティフル!

費用

これまでのステップを取り外しての作業だと100万円くらいかかっていた清掃代が善管だと3分の1に!

しかも3日間かかっていた作業時間がわずか6時間で済んじゃう!

善管が15年前に始めた劇的に安くて早いエスカレーター清掃!

現在は年間200台ほどしか手掛けてないそうですが、

全国に10万基くらいある。

伸びしろありますね!

まだまだ売り上げも右肩上がりになりそうですね。

善管はよるのエスカレーター清掃でがっちり!

スポンサーリンク