スポンサーリンク

[WBS]アメリカ・中国 大幅値上げラッシュ!七面鳥が過去最高値に!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

物価の上昇が止まりません。

11月10日に発表されたガソリンの平均小売価格ですが1リットルあたり169円と10週連続で値上がりとなりました。

最近はガソリンだけでなく、公共料金や食品など私たちの生活に欠かせないものの値上げが相次いでいます。

物価が上がっても賃金が上がらないので家計を圧迫しそうです。

実は海外では日本より急激な物価の上昇が起きています。今後、日本の物価もさらに上がることになるのでしょうか。

大幅値上げラッシュ

ニューヨーク・マンハッタン。

こちらはダラーショップ。いわゆる日本の100円均一の店ですが・・・

ニューヨーク支局の村井勇太記者。

こちらのお店は99セントで買い物ができると謳っていますが、商品を見てみるとほとんどのものが99セントを超えた値段がついています。

マグカップは1ドル99セント。これから需要が高まるクリスマス用品も値上げされています。

1ドルなのは缶ジュースや菓子など数品目のみ。

これにはお客様も・・・

ペンを買いに来た。前は1ドル9セントだった。今は2ドル99セント。

とても価格が高い。高くて手が届かない。

なぜほとんどの商品が1ドルを超えているのでしょうか?

ダラー・アンド・ディスカウントのシャヒード・カーンオーナー。

輸送費が上がり、それがわれわれに請求されている。

生き残るには値上げするしかない。

商品の多くは中国からの輸入品。

世界的なコンテナ不足などからコストが3倍に跳ね上がったことが響きました。

値上げで客足が遠のき、売り上げは3割近く減少したそうです。

「仕入れ価格がさらに上がったら?」

店を閉めるしかない。これ以上の上昇は容認できない。

価格上昇の動きは精肉店でも・・・

アメリカの感謝祭やクリスマスに欠かせない七面鳥の価格が高騰しているというのです。

ミート・フックのグレッグ・バードウェルさん。

去年の七面鳥の価格は1ポンド=6ドル99セント。

今年は8ドル49セント。

この6年で初めて値上げする。

なんと七面鳥は20%以上の値上げ。その理由は・・・

飼料価格やアメリカ国内での輸送費がとてつもなく上がっている。

今年は新型コロナの影響で農家が七面鳥の生産量を減らしていました。そこに飼料や輸送費の高騰が重なったことで価格が過去最高値になっているのです。

すべての物が高くなった。家族は食べる肉の量を減らした。

食費の予算を週200ドルから250ドルに増やした。

物価上昇の波は中国でも。

こちらは北京最大の野菜市場です。どんな野菜が値上がりしているのでしょうか。

仕入れに来た小売店。

2元(35円)だったホウレンソウがきのう4.5元(80円)、きょうは5~6元(約100円)。

前は安かったのに、どれだけ損しているか考えてみてくれよ。

お客様。

野菜の値段が上がりすぎだ。2倍になった。

日本円で40円ほどだったホウレンソウが先月にはおよそ140円と3.5倍に高騰。

なんと豚肉の価格と同じ水準です。

その理由は・・・

市場の販売業者。

洪水だよ。洪水で畑がダメになって良い野菜がとれなくなった。全部水びたし。

相次ぐ大雨で作物が台無しに。

さらに原油高による輸送コストの上昇も追い打ちをかけました。

中国の国家統計局が11月10日に発表した10月の消費者物価指数は1年前と比べて1.5%のプラスに。中でも野菜は15.9%と大幅に上昇しています。

さらに卸売物価指数は13.5%上昇と統計が公表されている1996年以降で過去最大の上昇幅となっています。

値上がりしている商品はほかにも。こちらは北京市内の印刷会社。

いまコピー用紙が値上がりしているといいます。なぜなのでしょうか?

印刷会社の店長。

大手製紙工場が停電してしまっていて紙の価格が上がっている。

最近2~3回は値上がりした。15%から20%くらい。

中国全土で停電が続いたことで操業停止に追い込まれた製紙工場が続出。紙の生産量が減り、価格が上昇したのです。

少し利益が減るくらいなら自社で損失を被るが、大量に注文されると大きく利益が減るので少し値上げしている。

中国の大手製紙会社は来年1月にトイレットペーパーなど家庭用の紙製品を値上げすると発表しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました