ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]コロナ拡大後初…ドイツ ショルツ首相 なぜ中国を訪問?

ワールドビジネスサテライト(WBS)

ドイツのショルツ首相が11月4日に中国を訪問し、習近平国家主席と会談しました。新型コロナが世界的に拡大して以降、G7(主要7ヵ国)の首脳が中国を訪問するのは初めてです。今回の訪中にはドイツを代表する多くの企業のトップも同行しているとしています。アメリカを中心にG7など各国が中国に対して厳しい姿勢を取る中、なぜショルツ首相は中国を訪問したのでしょうか。

ドイツが中国に企業訪問団
なぜ?コロナ禍以降でG7初訪中

11月4日午前、北京空港に降り立ったドイツのショルツ首相。

中国
習近平国家主席

ここまでの移動は順調でしたか?

ドイツ
ショルツ首相

順調でした。

緊張した面持ちで習近平国家主席と会談。新型コロナの流行以降、G7の首脳で中国を訪問したのはショルツ首相が初めてです。

中国
習近平国家主席

中国とドイツは影響力のある大国として変化と混乱の中で協力し合い、世界の平和と発展にさらに貢献するべき。

これに対し、ショルツ首相は…

ドイツ
ショルツ首相

二国間関係や経済協力がさらに強化され、集中した交流ができるのはいいことだ。

経済協力のさらなる強化を議論したいとしたのです。

今回の訪問にはドイツを代表する企業のCEOも同行。欧米メディアによるとフォルクスワーゲンやドイツ銀行などのトップが訪問団に加わっているといいます。

前任のメルケル前首相は在任中の16年間に12回も中国を訪問。パンダの研究施設を習主席と一緒に訪問するなど蜜月関係を保ち、中国との貿易額が急速に拡大。ドイツ最大の貿易相手国になったのです。

しかし、後任のショルツ首相は人権や台湾問題をめぐってアメリカとヨーロッパと中国の対立が深まる中、中国に対してはより強硬な姿勢を示すとみられていました。

実際、11月4日も李克強首相と行った会見では…

ドイツ
ショルツ首相

台湾の現状を変えるにはあくまで平和的に。
かつ相互の合意によるものでなければならないことを明確にした。

武力による台湾の統一は認めないことを明確にしたのです。

それでもなぜショルツ首相は中国の訪問に踏み切ったのか。

専門家は…

ドイツ政治に詳しい
上智大学
河﨑健教授

中国の市場がドイツにとっては大きな魅力。

中国とドイツの深い関係
「アディダス不買」の動きも…

その中国とドイツの経済的なつながりは…

北京市中心部から車で1時間のところにある中国ドイツ産業パークです。

中国政府がドイツ企業を誘致するために2021年に経済開発区に指定されました。

敷地面積は東京ドームおよそ425個分の20平方キロメートル。

現在、80以上のドイツ企業が集まっているといいます。

北京支局
杉原啓佑記者

この敷地内にあるベンツの自動車工場です。
広大な敷地には完成車が大量に置かれています。

この場所で最大の面積を占めているのがドイツの高級車「メルセデス・ベンツ」が中国の自動車メーカーと合弁で運営する工場です。

最新のEV(電気自動車)などが生産されていて、世界最大のEV市場、中国の需要の取り込みを狙います。

同じドイツメーカーのフォルクスワーゲンは中国で販売された乗用車のシェアが1位。現在、世界での販売の4割を中国が占めています。

ドイツの自動車メーカーにとっては中国はいまも欠かせない市場なのです。

市民

ここにはたくさんのドイツ企業がある。
3期目入りした習近平氏がドイツとの関係に良い影響を与えてくれるだろう。

市民

中国とドイツが共に協力して共に発展する。
経済だけでなく文化交流など各方面で関係が深まるのがいい。

一方、中国とのビジネスでは難しさも…

北京支局
杉原啓佑記者

北京市内のアディダスの店舗に来ています。
店の前には3割引きというセールの看板が出ていますが店内にお客さんの姿はほとんどありません。

ドイツのスポーツ用品大手「アディダス」は去年、人権問題をめぐり新疆ウイグル自治区で生産された綿を使用しないと発表。それに反発して起きたのがアディダスの不買運動です。

そこに厳しい行動制限を伴うゼロコロナ政策も伴い今年4-6月期の中国での売上高は35%減少。株価も今年初めからおよそ6割下落しています。

市民

新疆ウイグル自治区の綿の件があってから全て中国ブランドに変えた。
中国産を支持する。
今はアディダスなどは買わない。

ドイツ国内で中国に反発の声も
"経済関係"で両国が接近?

こうした状況の中で中国との関係強化に動くショルツ首相。その動きはドイツ国内でも…

ドイツ最大の港ハンブルク港に停泊するコンテナ船。中国国営の海運大手「中国遠洋運輸(コスコ)」の船です。

先週、ショルツ政権はこのコスコに対してハンブルク港のターミナルへの出資を認めることを発表。

しかし…

反対派の市民

売り渡すのをやめろ!

横断幕に書かれていたのは「ショルツ(首相)よ 中国に港を売り渡すな!」。

国内の港に中国が出資することは安全保障上の危険を招くとして反発の声が上がっているのです。

国内から批判を受けてもショルツ首相は今後、中国との関係を深めていくのでしょうか。

ドイツ政治に詳しい
上智大学
河﨑健教授

ショルツ首相はメルケル政権時代に財務大臣。
経済のかじ取り役だったから中国との関係の重要性は分かっている。
中国に代わる市場を見つけることは一朝一夕にはできない。
背に腹は代えられない。

一方、今回G7の首脳として初めてショルツ首相の訪問を受け入れた中国側の狙いは…

北京支局
佐藤真人記者

西側諸国が対中国の強硬姿勢でまとまるのを防ぐために経済をてこにくさびを打とうとしていると見られます。
その中でもEU最大の経済大国であるドイツを取り込むことが重要だとみているのです。
中国市場でビジネスを行うことと引き換えに台湾をめぐる中国の立場を理解・尊重するよう求めていると考えられます。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-