スポンサーリンク

[WBS]駅舎や電車の廃材を活用!東急沿線でカフェオープン[東急株式会社]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

解体した電車の廃材や鉄道整備が着ていた作業服。

東急はこうした廃棄されるものを再利用し、新たなカフェをオープンします。

どんな狙いがあるのでしょうか。

東急株式会社

東急電鉄
東急株式会社、東急電鉄株式会社のオフィシャルサイトです。みなさまの移動を快適に、そしてスムーズに。路線図や運賃検索などの鉄道情報や東急線の駅周辺の施設をご紹介します。

大井町駅の近くにオープンするカフェ「PARK COFFEE」。

カウンターに使われているのは・・・

東急の沿線開発事業部、阿部彩水さん。

東急線の池上駅の廃材を利用している。

白いペンキもそのまま残して使っている。

客席には・・・

電車の部品を使っている。

上は荷物棚、下は電車の座席だった。セットでもらって組み立て直している。

さらにスタッフのエプロンは鉄道整備士のズボンから作りました。

とても着心地がいい。

廃材をふんだんに使ったこのカフェではフードロスの削減をテーマにしたイベントなどを積極的に開く予定で、地域のコミュニティー活動の拠点にしていきたい考えです。

これまでも東急は地元の自治体と連携して店舗を作るなど地域の活性化に力を入れてきました。

それぞれの街に合ったかたちで街の人と接点を持つのは必要。

駅から街に出てもらって長期的な視点で街を盛り上げていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました