[WBS] トヨタとソフトバンク!時価総額1位と2位が提携のワケ!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

9月、日産自動車とフランス・ルノーなどの企業連合が自動運転など車のデジタル化に向けグーグルとの技術提携を発表しました。

さらに10月3日はホンダがアメリカのゼネラルモーターズと自動運転車を共同開発するというニュースがありました。

新たな技術の登場で開発競争が激しさを増す中、10月4日にトヨタ自動車はソフトバンクグループとの提携を発表しました。

時価総額で国内1位と2位に位置する両社の提携で自動運転を巡る勢力図はどう変わっていくのでしょうか?

スポンサーリンク

MONET Technologies株式会社

日本企業で時価総額1位のトヨタ自動車の豊田章男社長、そして2位のソフトバンク、孫正義社長が握手。

両雄が並び立つという歴史的な記者会見が行われました。

孫社長、

最初に聞いた時は本当かと驚いた。同時にいよいよかという思いもあった。

世界のトヨタと事業を開始できることはわくわくする。

トヨタとソフトバンクが設立する新会社の名前はモネテクノロジーズ。

自動運転の技術を活用した移動サービスを手掛けます。

出資比率はソフトバンクが50.25%、トヨタが49.75%、社長にはソフトバンクの宮川潤一副社長が就任します。

CES 2018

2018年1月、アメリカ・ラスベガスで行われた家電見本市。

トヨタが発表した「e-Paletteコンセプト」は通勤のシェアリングカーになったり、宅配などの物流に利用したり、さらには移動型の店舗としても活用できるという多目的な自動運転の電気自動車です。

その会場で豊田社長は、

私はトヨタを自動車会社からモビリティ・カンパニーへと変革することを決意した。

アマゾンやピザハット、ウーバーのほか、マツダも加わり通信機能を持つコネクテッドカーを開発中です。

新会社ではこのような電気自動車を使い国内の過疎地などで宅配や送迎サービス、車の乗り合いサービスを始める予定です。

提携の理由

どれだけのデータを取れるかが重要になってくる。

自動運転に向かっていったときに自動車会社だけでいいのか。

自動運転をやっていこうと思って行った会社のドアを開けたら必ず孫さんが前に座ってた。時が来た。

今回の提携はトヨタから声を掛けたといいます。

トヨタがソフトバンクに求めるものはライドシェアに欠かせないAIなどの技術。

車から取得する膨大なデータを生かして様々なサービスを開発したい狙いです。

トヨタは既にモビリティの分野では世界一。

AIの分野ではソフトバンクグループは急速に存在感を示せるようになった。

モネはその両社のグループの第一弾。

より深い広い提携が進むことを心から願っているし、そういう状況を思うとさらいワクワクする。

山川龍雄キャスター

トヨタが自動運転を見据えていろんな世界の提携相手を考えたときに必ず先回りをして孫社長がツバをつけていた。

だったらソフトバンクと組んだ方がいいんじゃないの。

そういう判断だったんじゃないかと思います。

確かに世界中を見てみますとライドシェアでアメリカのウーバー、中国のDiDi、こういったところの実質的な筆頭株主になっているのがソフトバンク。

孫社長によれば、現在ライドシェアのシェアの9割をソフトバンクグループが押さえている。

これをもうちょっと具体的に言うと実は今現在、この合計が1日あたり乗車回数が3,500万回なんです。

この数字を覚えていてください。

今日調べてみたらJR東日本の1日当りの輸送人員数というのが1,770万人です。

つまり1台に1人、仮に乗っていたとしてもそれでも2倍。これが年々倍々ゲームで増えているということは、もう既にJRを凌いで世界最大級の交通機関のオーナーにソフトバンクはなっている。

ソフトバンクには世界中の人々が移動するデータが集まってきている。

膨大なデータが集まっている上に、ライドシェアが面白いのは常に利用者はみんな決済情報、カード情報を登録していることです。

決済の情報も出てくるということです。

もう一点だけ言うと、これから自動運転車を誰が買うか、それもソフトバンクグループが最大手になる可能性があります。

個人ではなく法人から行く。

なかでもライドシェアのところが、自動運転車を買うだろうと。

そういう意味でトヨタも無視できない存在になっているということです。

最大の顧客を囲い込んだような意味合いもある。

スポンサーリンク