スポンサーリンク

[WBS]ローソン5,000店改装!店舗改革で冷凍食品2倍[株式会社ローソン]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

10月7日、コンビニ大手2社の今年8月までの半年の決算が発表されました。

本業の儲けを示す営業利益はセブン&アイホールディングスは1年前に比べて3.6%、そしてローソンは60%増えました。

だたこれを新型コロナウイルスが流行する前と比べてみると大きく減ったままです。

コロナで様変わりした消費者のニーズを掴むためのコンビニ改革の現場を取材しました。

株式会社ローソン

LAWSON|ローソン公式サイト
コンビニエンスストア「ローソン」の公式ウェブサイト。店舗/ATM検索、新商品紹介、各種店舗でのサービスや活用方法などのご紹介。株式会社ローソンの企業情報掲載。ローソン「三鷹の森ジブリ美術館」情報。

東京都三鷹市にあるローソン三鷹牟礼四丁目店。

コロナ禍の不況を打開すべく大々的な改装を行ったといいます。

店内に入り角谷暁子キャスターがまず気づいたのは・・・

こちらのコーナーが黒いシックな雰囲気になっています。

ローソン三鷹牟礼四丁目店の島崎慶輔さん。

店内で調理したものを弁当として作り、手作り弁当を展開している。

夕方や夜でもいろいろな飲食店が閉まっている中でこういう食べ物を買い求めるお客様が増えているのでそういう需要も含めて強化しようと。

店内の厨房で作った弁当はコロナ禍で需要を増やし、売り上げが去年の3倍近くに伸びたといいます。

コロナ禍で特に需要が伸びたものといえば・・・

冷凍食品のコーナー。

この店舗にはもともとなかった。こちらの平台に凝縮して置いていた。

スーパーになぞらえ冷凍コーナーを一気に作った。

冷凍食品の売り場を一気に拡大。品ぞろえを2倍以上に増やしました。

さらに・・・

お客様が自分で取って持って行くことで接触回数を減らす取り組みになっている。

スーパーに近いというか、惣菜コーナーがスーパーにもあるがコンビニもその方法を取り入れている形。

お客様と店員の接触をなるべく減らすため電子レンジやコーヒーマシンもセルフ型を導入しました。

コロナ禍で変化するニーズに対応した店づくりはローソンにとって最優先の課題になっていて10月7日の決算発表の場で竹増貞信社長は今年度内に5,000店舗改装する方針を示しました。

コロナ前と同じ商売しているようだと実は今の店舗数を維持していくのは難しい。

立地、店、どのようなお客様に利用されているのか。

店舗を理想形にしていく。

その町のお客様にとって最も使いやすい、最も便利な形に変えていく。

ウィズコロナ時代の新たなコンビニの形を模索しているのはローソンだけではありません。

セブン-イレブンが今月発売した新商品に新たな戦略のカギがあるといいます。

田口智也記者。

静岡市内のセブン-イレブンに来ています。おにぎりですが静岡産の食材を使用しているとあります。

セブン-イレブンでは静岡市と連携協定を結び、地元の名産品を使った商品を開発。

ラインナップは地元のブランド牛肉「するが牛」のおにぎり。

濃口醤油の黒いスープが特長の静岡おでん。

そして静岡茶を使ったシュークリームです。

お客様は・・・

地元をアピールできるものがあるのはすごくうれしい。

地元のものはみやげ物屋など観光客が買うところに売っているイメージ。

コンビニにあると手軽に食べられる。

セブン-イレブン静岡小黒店の吉野武仁オーナー。

地元地域のお客様にアピールできて商売が成り立つ。大変うれしく思う。

これらの商品を販売するのは静岡市内を中心とした158店舗のみ。

実はセブン-イレブンではコロナ以降、こうした地元の食材を使ったオリジナル商品をその地域限定で販売する地産地消の取り組みを強化しています。

一体なぜなのでしょうか。

勝山畜産の勝山佳紀さん。

コロナで売り先のホテルにお客様が来ない。需要が減り肉がだぶつき価格が下がった。

売り上げは4割減。

こう語るのはセブン-イレブンのおにぎりの具として採用されたするが牛を育てる畜産農家の勝山さん。

県の品評会で最優秀賞を受賞するなど高く評価されていましたが、コロナで販路が縮小していました。

販路が決まれば安定して出荷できる。宣伝効果もありうれしかった。

セブン-イレブンは地域と連携し、行き場を失っていた地元の名産品を活用した商品を開発することで生産者を支援。

さらに店にとっても地域の特色を出すことはウィズコロナ時代を生き抜く上で重要だといいます。

セブン-イレブン・ジャパンの商品本部 地区MD統括部、森暁氏。

コロナ下においては利用する店舗の数が減っている。

家の近くの店舗を利用する場合はその地域性が非常に重要になる。

地産地消、地域のメニューを積極的にやることで地域のお客様に喜んでもらう。そんな品ぞろえを強化したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました