スポンサーリンク

[WBS] 台風災害でにわかに注目!地中に埋める「無電柱化」!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

2週間前に発生した台風15号によって千葉県では今も1,900軒にも及ぶ停電が続いています。その原因は強い風の影響で多くの電柱が倒壊、そして破損したことです。いまその電柱をめぐりある議論が活発になっています。

無電柱化

台風15号により最大およそ93万軒で発生した千葉県の大規模停電。

大きな鉄塔2基の倒壊に加え、電柱と電線の破損が主な原因と見られています。

発生から2週間経った今もなお停電は一部の地域で続いたまま。

こうした中、改めて注目されているのが・・・

赤羽国土交通大臣、

千葉県内の多くの箇所で電柱が倒壊し停電の原因となっている。

地震や台風などの影響を受けにくい無電柱化の必要性を改めて認識した。

災害による影響を最小限に抑える切り札、電線を地中に埋める無電柱化です。

巣鴨地蔵通り商店街

東京・巣鴨の地蔵通り商店街。

狭い通りに電柱が並び、見上げると蜘蛛の巣のように張り巡らされた電線が・・・

そこで豊島区はお年寄りの通行の安全確保や防災などの観点から2021年の完成を目指し無電柱化の計画を進めています。

無電柱化で風の影響での停電が少なくなる。

景観もかなり良くなると思う。

各地で徐々に進む無電柱化。

しかし、日本では一番進んでいる東京都でも全体の8%程度。海外と比べて低いまま。

電柱設置のおよそ20倍近いともいわれるコストが足かせになっているのです。

株式会社ジオリゾーム

土壌汚染調査の株式会社ジオリゾーム
土壌汚染調査実績は4400件。当社は、法が制定される以前から操業してきた指定調査機関です。土地売買や融資等に関わる自主調査はもちろん、法、条例対応などあらゆる契機に対応しております。良くご質問いただく土壌汚染対策法のこと、契機や土壌汚染調査事例など豊富にご紹介しています。

この問題に柔軟な発想で立ち向かっている会社が大阪・吹田市にあります。

無電柱化などの施工会社ジオリゾームです。

停電や電柱倒壊などの台風15号の被害が出なかった千葉県印西市の新興住宅地。

この住宅地の一部の区画でジオリゾームが無電柱化を手掛けていました。

従業員16人の小さな会社を率いる井上利一社長。

いま低コスト化で注目を集めています。

この日訪ねてきたのは大阪府の職員。

大阪府富田林土木事務所の冨山久男さん、

世界遺産に認定されたので外国人観光客が来たら「なぜ電柱があるのか」ということになってしまうので。

低コストの新しい手法でできるだけ無電柱化を安く早くやりたいですよね。

今年7月、百舌鳥古市古墳群が世界文化遺産に登録されたことを受け、大阪府は無電柱化で観光地の整備を進めたいと考えています。

どうしても予算がネックになるため井上社長の元を訪れたのです。

「アドバイスは参考になる?」

コストを安くする仕組みがないかと大阪人なので特に思う。

行政も注目する取り組みとはどんなものなのか?

案内してもらったのは大手デベロッパーが手掛ける新たな住宅地。

無電柱化の設計・施工などをジオリゾームが請け負っています。

全部で303区画。全面電柱が1本もない住宅地になっている。

非常にすっきりしている。

そのコスト削減の手法は至ってシンプルです。

例えば電線ケーブルを保護するパイプ。

一般的に使われてきたのは鉄や耐衝撃性の塩化ビニール。ジオリゾームが使うのはポリエチレンのパイプです。

パイプ自体のコストが低く抑えられることに加え、軽くて扱いやすいことから作業負担も軽減されるため、工期の短縮につながります。

「安全性や耐久性に問題はない?」

車が上を通っても問題ないか実証実験をクリアしている。

全く問題はない。

また配線の点検スペース、ハンドホールを小型化するなどといった小さな工夫の積み重ねだけでも無電柱化のコストは3割削られるといいます。

ただ新しいアイデアの導入には道路を管理する国や地方自治体、電気や通信事業者など多くの関係者との調整が必要です。

そのため軋轢を生みかねない提案は避けられてきたのではと指摘します。

あまり良くは思われていないかもしれない。

「また井上か」という感じで。

「物申す役」をあえて買って出ている。

NPO法人電線のない街づくり支援ネットワーク

NPO法人 電線のない街づくり支援ネットワーク
日本の街を無電柱化で、安全安心で美しく!

こうした新しいアイデアを生み出す場所は自ら立ち上げたNPO法人。

部品メーカーや素材メーカーなどと業種の垣根を超えた意見交換を重ねることでコスト削減の新たな手法を開発しているのです。

今回の台風をきっかけとして民間企業が知恵を合わせて公共機関や電線管理者も一丸となってオールジャパンで無電柱化を進めていくべき。

コメント

タイトルとURLをコピーしました