[WBS] 眠くならず〇〇でひらめく!?近未来のオフィスとは!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

東京駅の目の前に来週オープンするシェアオフィスです。大手企業など9社が最先端の技術を持ち寄って実験的なオフィスを作りました。目指すのは仕事効率の大幅なアップです。

ダイキン工業株式会社

ダイキン工業の米田裕二執行役員、

働き方改革をテーマに理想のオフィス空間を目指す。

来週オープンするシェアオフィス。運営するのはダイキンやパナソニックなど9社です。

オフィスには共用スペースから少人数で使う部屋まで。仕事の効率化を目指した各社の最先端技術が導入されています。

例えばこの経屋には・・・

妹尾理沙記者、

こちらのブースではウトウトとしてきたことをカメラが感知します。それによって室温を下げ眠気を予防してくれます。

机に置かれたカメラがウトウトしたまぶたの動きを捉え、眠気を感知。完治後は室温が自動で2度下がり眠気を防げるといいます。

ダイキン工業の香川早苗氏、

温度を少し下げることで自律神経を調整できる。

最適なバランスに持っていくため、温度を下げるのは非常に有効。

ライオン株式会社

さらに会議室では日用品メーカー、ライオンの技術が・・・

ライオンの河野智子氏、

会議で落ち込んだり、ネガティブな感情は生産性に影響すると考えた。

香りで前向きにしたいと思い作った。

机に置かれた球体が会話の音声から会話を解析し、場面に合わせた香りを放出。

熱くなった会議ではリラックス効果のある香りを出すなど、生産性の向上を図ります。

アサヒビール株式会社

一方、オフィスの中には仕事とは関係のなさそうなバーカウンターも。

アサヒビールの水谷由布氏、

ちょっとアルコールを飲むとひらめきが出る。発想が豊かになる。

会議や上司と話すとき、アルコールを入れることでより闊達な議論ができる。

アサヒビールは適度なアルコールがアイデアを出す会議などではプラスになると期待しています。

何故こうしたシェアオフィスを業種の違う9社が連携して作ったのでしょうか。

いろいろな会社との連携で照明など先進のデータが取れる。

こういったところの連携をしたい。

多くの一般客に利用してもらうことで課題を洗い出し、未来のオフィスにつなげる狙いです。