スポンサーリンク

[WBS]【THE行列】入場料1,500円の本屋!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

東京・六本木駅から徒歩1分のお店「文喫」。

中を覗くと一見本屋のようですが・・・

お客様がお金を払って受け取るのは本ではなく入場バッジ。

受け取ったお客様は階段の先へと消えていきます。

その先にある看板を見ると「有料エリア」「入場料1,500円」の文字。

50分待ち。

待ってでも入りたい入場料を取る本屋とは・・・

文喫

文喫 BUNKITSU | 本と出会うための本屋。
文化を喫する、入場料のある本屋。人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで約三万冊の書籍を販売します。一人で本と向き合うための閲覧室や複数人で利用可能な研究室、小腹を満たすことができる喫茶室を併設しています。エントランスでは約九十種類の雑誌を販売。店頭ではあまり出会うことのできないラインアップも交え、来店されたお...

2018年12月にオープンした本屋「文喫」。

週末の午後、有料エリアに入るために10人ほどが待っていました。

ここまでは無料。

そしてここからが有料のエリア。

ずらりと並ぶのはおよそ3万冊の書籍や雑誌。

これらを自由に手に取って楽しむことができます。

「何時からいる?」

朝9時から来ている。

いま6時か。

ずっといる。

営業時間は朝9時から夜の11時まで。何時間でもいられます。

長い時間いられることを考えたら入場料1,500円でも私は良い。

煎茶とコーヒーが何杯でも無料でお代わりできるほか、有料で軽食も食べられるため長居しても困りません。

本のラインナップ

そして最大の売りは本のラインナップ。文喫のスタッフがプロの目で選んだものばかり。

1タイトル1冊しか置かないため、通常の本屋と違い同じ本が積み上がることはありません。

無差別に本が置いてある。

それを手にとって読めるのが自分が探し求めていたもの。

こういう本屋待っていました。

さらにこんな仕掛けも・・・

眼の前にはチャイについての本が置いてありますが、その本を取ると次は中国茶、その次は緑茶の辞典とお茶に関する本が次々と出てきます。

本を手に取るとそれに関連した別の書籍が現れます。新たな本との出会いや発見があります。

読み終えた本は店内にある返本台に置くだけ。

返しがてら、この台から新たな本を探すお客様もいます。

1,500円で読み放題、滞在し放題。

本屋として利益が上がっているのでしょうか?

返本台の中から何やら本を取り出した人たちがいました。

すると女性が購入。

1冊なんと5,000円超えです。

本を買うつもりはなく、むしろ読書は苦手。

ここにしかないような気がして、いま買わなきゃ、いつ会えるか分からないドキドキ感がある。

入場したお客様の内、およそ3割から4割は本を購入。

しかも平均客単価は一般的な本屋と比べておよそ2倍、3,000円ほどだといいます。

日本出版販売株式会社

日本出版販売株式会社
私たち日本出版販売株式会社=日販は、1949(昭和24)年の創業以来、書籍・雑誌の流通を担う出版販売会社(出版取次)として、文化の普及発展に貢献すべく、不断の努力を続けてまいりました。現在では国内最大の出版販売会社としての地位を確固たるものとしております。

「文喫は入場料と本の売り上げ、どちらで成り立っている?」

文喫を手がける日本出版販売の武田健悟さん、

どちらか1つでは成り立たない。

入場料、本、喫茶があって収支が取れている。

文喫を立ち上げたのは出版取次大手の日本出版販売。背景には危機感がありました。

元々この場所には青山ブックセンターという本屋がありましたが、売り上げの減少などを理由に2018年6月に閉店しました。

実は2000年には全国に2万店以上あった書店が出版不況が続き、現在では半分ほどに減っています。

本屋がなくなる。

1あるものが0になるのをなんとかしなくてはいけない。

本をどんな形であれお客様に手に取って欲しい。

運命の一冊との出会いを求め今日も多くの人が文喫へと足を運びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました