スポンサーリンク

[がっちりマンデー]実はあった儲かり業界ニュース!(1)[Bodygram Japan 株式会社]

実はあった儲かり業界ニュース!

Bodygram Japan 株式会社

Bodygram
Bodygramは、スマートフォンで撮影した2枚の写真で高精度な身体サイズを瞬時に測定するAI採寸技術です。そのAI技術により、高精度な身体測定を各社の仕様に沿って自由にカスタマイズが可能です。また、身体情報を簡単に取得可能にすることで、ファッション、フィットネス、ヘルスケアなどの分野での活用が見込まれています。

まず最初に向かったのは東京・日本橋にある繊研新聞。

こちら、アパレル関連ならなんでもこいの専門誌。

編集局長の矢野剛さんによると服の「サイズ」についてのスゴい技術が出てきたらしい。

アパレル商品にとってピッタリしたサイズを選べるかは消費者にとってひじょうに大きな要素。

写真を使ってわずか2枚で採寸できる。

ファッションビジネスの仕組みや構造が大きく変わっていく。

アパレル業界に革命!写真2枚で身体のサイズが分かっちゃう!?

確かに今や服もネットで買う時代。

体のサイズが簡単に分かればより服が売れる。

しかしこれまでこの手の技術はとっても面倒だったり、その割正確ではなかったりとあんまりうまくいってなかった。

もしこの話が本当ならかなりのビッグニュース!

ということでその気になる採寸システムを作ったというbodygramへ。

爽やかな笑顔で出迎えてくれたのhsマレーシア出身の創業者、ジン・コーさん。

この人が作ったボディグラムはシステムができてからまだ1年にも関わらず早くも年商1.7億円とかなりがっちりな予感!

早速ですが社長、その採寸システムどんなものか教えて下さい!

写真2枚だけで全身のサイズデータがたった10秒で出てくる無料アプリです。

これは魔法だよ!

社長曰く服を着た状態で写真を2枚撮るだけで身体の24か所のサイズが全部分かっちゃうという・・・にわかには信じ難いですが。

番組スタッフがチャレンジすることに。

まずはアプリに年齢や身長、体重などを入力。

そして、

撮りま~す。

正面、真横、2枚の写真を撮る。

すると・・・

「あ!出ました出ました。」

確かにあっという間にウエストや首周り、股下や太もも周りまですぐに出てきた。

でも大事なのはこのサイズが合っているかどうか・・・

実際にこの結果を見せずに採寸のプロに1か所ずつ測ってもらいます。

首周り40.1cm(bodygram・41.3cm)。

手首16.9cm(bodygram・16.5cm)。

へそ周り94.6cm(bodygram・93.9cm)。

おぉ結構スゴい。

24か所全て測るとアプリの結果と実測との誤差は平均1.4cm。これはかなり正確。

さらに番組女性スタッフがスカートのまま撮影。

計算して出た股下のサイズは73.1cm。

ではズボンを履いて股下のサイズを実際に計測。

すると・・・

73.1cm。

でも、なんで2枚の服を着た写真だけでこんなことができちゃうのか?

事業開発担当の加藤忍さんによると、

細部までのサイズがでるように裏ですごく複雑なAI開発をしている。

AIは学習データが大事なので沢山の被験者に来てもらい全身の情報をくまなくとらせてもらっている。

実はこのボディグラムさん、このアプリのためにとくにかく沢山の人の色んな服を着た2枚の写真を集めまくった!

それではスキャン開始します!

そしてその人の体型がどうなっているかを最新のマシンで3Dスキャン。身体中のサイズもはじき出した。

その数延べ12万人分!

ここでアプリのユーザーが2枚の写真を撮ると2枚の写真を撮るとボディグラムが開発したAIがこの写真のシルエットと似たシルエットを持つ写真を12万人分のデータの中からいくつか探し出す。

このシルエットの肩の部分はこの写真が近いな・・・

ウエストのふくらみ方はこの写真と同じだぞ・・・

こうして似た写真をいくつか見つけたらその写真の人達の3Dシルエットデータを組み合わせ細かく計算。

最終的に24か所のサイズデータをはじき出すという仕組みなんです。

加藤さん分かりました?

正にアパレル業界待望のサイズを細かく測れちゃう技術。

もちろん業界大手も大注目で、すでに大手ファッション通販サイトの一つ「ショップリスト」が自社のアプリ内にこの技術を採用。

さらに今年、大手アパレル小売チェーンでも導入が予定されているとのこと。

Bodegramは写真2枚で測れてがっちり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました