スポンサーリンク

[WBS] [白熱!ランキング]シンプル機能「一芸調理家電」![株式会社ビックカメラ]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

新型コロナで個人消費が低迷する中、白物家電は国内出荷額が6月、7月と2ヵ月連続で1年前を上回っていて堅調な回復を見せています。

なかでも調理家電は巣ごもり生活で生まれた様々な需要を取り込んで進化しています。

そのキーワードは「一芸」です。

今回の白熱ランキングです。

株式会社ビックカメラ

ビックカメラ.com | ビックカメラの公式通販サイト
ビックカメラの通販サイトビックカメラ.com、人気のデジタル家電をはじめ、最新のアイテムが何でも揃います。さらに日本国内指定エリア送料無料。安心の長期保証サービス、店舗在庫をネット上で確認、お近くの店舗で受取り申し込みもできます。

確かにあると便利ですね。

たまご専用の調理家電にサラダチキン専用・・・

自炊する機会が増える中、いま売れる家電に特徴が。

ビックカメラ池袋本店の田中幸介さん、

多機能な家電よりシンプルな性能の家電が多い。

今、1つのメニューに特化した一芸調理家電が人気です。

今回はビックカメラでの売り上げを元に一芸調理家電をランキング。

8位~10位

まずは8位から10位。

8位 もちブレンダー エムケー精工 17,380円
9位 お茶ひき器 ツインバード 8,980円
10位 ハンディクレープメーカー ライソン 2,170円

ハンディクレープメーカー

10位に入ったのはハンディクレープメーカー。

フライパンのような形をしていますが、その使い方は・・・

専用のトレーにクレープ生地を準備。

ライソンの関口穂さん、

プレートをつける。

5秒ほど待って。

薄いクレープができあがる。

手軽さが受けて売り上げは去年の2倍に。

このメーカーではほかにも直径およそ10cmのギガたこ焼き器やカップ焼きそば「ペヤング」を焼くためだけのホットプレートも開発しています。

いろんな家電メーカーがいるところで一点特化した家電を取り扱って楽しんでもらえる商品を追求している。

5位~7位

5位から7位はこちら。

5位 ヨーグルトメーカー HashTAG 4,370円
6位 厚焼きホットサンドベーカー グード ビタントニオ 5,790円
7位 カフェフラッペメーカー ミスター・コーヒー 7,280円

定番の商品が並ぶ中、番組が注目したのは7位。

カフェフラッペメーカー

氷を使ったドリンク、フラッペを作るための商品です。

本体の上の部分にコーヒーの粉と水を。

ミキサーの容器には氷や牛乳などを入れてセットします。

フラッペボタンを押します。

コーヒーが抽出され、ミキサーが回りだすのですがその音に注意です。

派手な音を立てて氷を砕きながらかき混ぜます。

3分ほどでフラッペが完成。

粒のバラつきなども一切なく解けるように溶けるくらい繊細な氷になっています。本当に本格的なお店の味です。

ホイップクリームなどでトッピングすればお家でカフェ気分に。

大手コーヒーチェーンの休業などで売り上げを伸ばしました。

2位~4位

続いて2位から4位はこちら。

2位 エッグスチーマー コイズミ 3,000円
3位 フードドライヤー プリンセス 14,300円
4位 クレシドラ ドリップコーヒーメーカー デロンギ 26,780円

エッグスチーマー

2位にランクインしたのはゆで卵専用のエッグスチーマーです。

こちらで固ゆでのゆで卵を作ります。

本体に水と生卵をセット。

「半熟」「固ゆで」「温泉たまご」、作りたいものにダイヤルを合わせます。

固ゆでのたまごならおよそ15分で完成。

半熟卵や温泉卵もご覧の通り。

小泉成器の今村健太郎さん、

ずっと見張る必要がないことがお客様に受け入れられている。

1位

そして1位に輝いたのは・・・

この赤い四角い箱。コンビニのあるヒット商品を家で簡単に作れるというのですが。

中に入っていたのは鳥の胸肉。

阪和の松浦美波さん、

こちらはサラダチキンメーカーです。

ここ2~3年、コンビニでサラダチキンが売り場に広がっている。

コンビニのサラダチキン戦略に乗っかった。

サラダチキンメーカー

市販の鶏胸肉にフォークなどに穴を開け塩を振ってすり込みます。

その鶏肉を本体に入れ、しょうがとねぎ、酒と水を加えて準備完了。

ボタンを押せば鶏肉が柔らかく仕上がる60~70度の温度が保たれ、およそ2時間でサラダチキンの完成です。

朝食などのサンドイッチや夕食の一品にアレンジすることもできます。

年間3万台の販売目標を発売からおよそ2ヵ月で達成。生産が追いつかない状況です。

1位 サラダチキンメーカー 阪和 4,950円

ファミリーで使えるサイズも欲しいとお客様から要望があって新しいバージョンを開発している。

自炊が増える中、今後もさらにユニークな一芸調理家電が生まれるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました