スポンサーリンク

[WBS]【THE行列】焼肉のふりかけ![株式会社ヤザワミート]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

新型コロナによる外出自粛で苦境に立たされた外食産業ですが、ある企業ではその窮地をお取り寄せ商品に救われました。

今でも5,000人が発送待ちと、まさに見えない行列を作るその戦略を取材しました。

株式会社ヤザワミート

ヤザワミート オンラインショップ / TOPページ

都内にある焼肉店「焼肉矢澤 東京」。

最高級の黒毛和牛が売りです。

こちらは名物、サーロインの矢澤焼き。

うまい!

絶対ここのタンは1番。ハラミも1番。

お客様の入りはおよそ9割とコロナ前の活気が戻りつつあります。

しかし緊急事態宣言中は一時休業、再開直後の客数はおよそ5割と苦戦しました。

焼肉矢澤の中屋猛料理長、

店に問題があれば解決策を考えられるが、どうにもできないところが不安だった。

その厳しい時期、ある商品が会社を支えたといいます。それがこちら、「焼肉のふりかけ」です。

白いご飯にかけるだけで自宅で手軽に高級焼肉店の味が楽しめると人気に火が付きました。

ヤザワミートの東海林一紀副社長、

コロナ禍という窮地を救ってくれた一品。

ネット通販限定の商品。

9月に注文したこちらの人へのお届け日はなんと来年の4月。半年待ちです。

大変お待ちいただいている状況。一個一個手作りにこだわっている。

現在およそ5,000人が見えない行列を作るこのふりかけ。

その味の秘密とは・・・

東京・港区。

商店街の一角にある建物に入ると、そこでは巨大な肉が切り分けられていました。

ここは焼肉矢澤を運営している精肉卸業者「ヤザワミート」の工場です。

この肉はブランドは神戸ビーフ。日本が誇る最高の肉。

一つの特徴としては脂のよさ。

この部屋は10度以下だが脂が溶けていく。

こういう肉が口に入れた時に口溶けの良さにつながる。

ここで切り分けた肉を都内の高級レストランや焼肉矢澤など自社が運営する飲食店に卸しています。

焼肉のふりかけ、その味の秘密は肉のプロがこだわるその素材にあります。

「これはどういう肉?」

牛の腕の部分。

使用するのはサーロインやカルビなど油が良くのった部位ではなく赤身の部分が多いうでの肉。

腕の部分はよく動かす。すごくうま味の詰まった部分。

焼肉のタレに負けない肉のうま味がガッチリ合ってご飯と肉のうま味が伝わるようなふりかけになる。

このうで肉に加え、うま味が強く食感の異なるすね肉をミンチにします。

生姜やタマネギなど香味野菜を炒めたところに湯引きした肉とタレを入れて煮込めば完成です。

さらに焼肉の味をより引き立てるのがセットになっているこの秘伝のカリカリ。

材料はニンニクやジャガイモ、焼肉ならではの香ばしさを再現するためのものです。

商品のセット内容も肉2瓶にカリカリ1瓶。

2対1でかけるのがおすすめの食べ方です。

そのお味は・・・

増田洋一記者、

肉の味はもちろんなんですけど、タレの味と野菜のカリカリ感がご飯との相性がバッチリで止まらなくなります。

外出自粛の中でも焼肉店の味が楽しめると話題になり、緊急事態宣言中は1ヵ月6,000件もの注文が入りました。

自宅で食べる物のニーズはあると思っていたが、ここまで伸びるとは正直思ってなかった。

このふりかけをきっかけにヤザワミートではネット通販を強化。

豚肉を使った手頃な価格の商品を新たに開発するなど外食の不透明感が続く中、巣篭もり消費を取り込む狙いです。

卸や飲食だけでなくオンラインも一つの柱にしていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました