スポンサーリンク

[ガイアの夜明け] 消えゆく「伝統工芸」の逆襲!(1)

消えゆく「伝統工芸」の逆襲!

日仏共同プロジェクト

伝統の街、京都。2016年、新緑の5月。

ある場所に京都の伝統工芸の企業10社が集まっていました。

色鮮やかな清水焼の窯元や550年の歴史を誇る西陣織、さらに金箔の技を得意とする職人も。

そこへ外国人の一団が入ってきました。彼らは、

ピエールです。プロダクトデザイナーです。

セリーヌです。インテリアデザイナーです。

実はこれ、「フランス人デザイナー」と「伝統工芸の職人」による商品開発プロジェクト。京都市が支援しています。

フランス側は100組以上の応募から選ばれた精鋭10組。

一方の京都の企業は自慢の技を懸命にアピールします。

中でも意外に人気があったのは仏壇仏具の販売店です。創業240年の老舗「京仏具小堀」。

フランスのデザイナーからはいきなんりこんな質問が、

コストダウンできますか?

価格を下げるのですか? 検討します。

話し合いを終えるとすぐデザイナーたちは京都のどの企業と何を作りたいか、その場で商品案を書き始めました。

例えば染色の会社と一緒に防水パンツを開発したいという提案。ターゲットは中間層から高所得者層、販売目標は300着、価格は約1万2,000円円と極めて具体的です。

集まった提案書をもとにどの企業とデザイナーを組み合わせるかを3人で決めていきます。

フランス側は元デザイン雑誌の編集長、フランソワーズさんとビジネスコンサルタントのグザビエさん。

これは単なるものづくりではなく商品開発です。市場のニーズに合わせないといけません。

プロジェクトの仕掛け人、西堀耕太郎さん(42歳)。

値段なしでデザインだけすると、きれいだけど販売できない価格帯になる。

株式会社日吉屋

上京区にある株式会社日吉屋。

150年、和傘を作り続けています。実は西堀耕太郎さんはここの5代目。

ある製品で海外進出に成功しました。

これは照明器具ですが他と違うところは傘のように開閉できる。

和傘をアレンジした照明器具。いまや世界15カ国のホテルやレストランなどで使われています。

西堀耕太郎さんが家業を継いだのは13年前。当時、株式会社日吉屋の1年の売り上げはわずか約160万。廃業寸前でした。

しかし海外に打って出たことで現在、グループ会社を含め年商は2億円

このプロジェクトの目的は作品集を作ることではなく、ちゃんと売ろうと本気で考えてやっている。

西堀耕太郎さんが仕掛ける今回の日仏共同プロジェクト。次々と組み合わせが決まっていきます。

こうして出来上がった10組が目指すものは8ヶ月後にフランスで開かれる世界最大級の見本市。

パリのデザイナーと京都の職人の共同戦線。その挑戦を追いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました