[WBS] 中国で奪い合いのTシャツ!日本でも販売に!行列・混乱は?

ワールドビジネスサテライト(WBS)

シャッターをくぐり抜け、我先に売り場に向かう人々。掛けてあった商品は一瞬でなくなりマネキンから引き剥がすという行為も・・・

こちらは中国のユニクロの店舗で6月3日に起きた出来事です。お客様の目当てはニューヨークをメインに活動するデザイナー、カウズとユニクロがコラボした限定Tシャツでした。

そのTシャツが6月7日、日本のユニクロの店でも発売されました。店舗には多くのお客様が列をなしましたが中国のような混乱はなかったのでしょうか?

株式会社ユニクロ

UNIQLO|ユニクロ公式オンラインストア
ユニクロの公式通販サイト。大きいサイズやオンラインストア特別商品も揃えた世界最大のユニクロ。初回ご利用の方は送料無料!株式会社ユニクロ(UNIQLO CO., LTD.)からお届けする旬な情報が満載!

6月7日、午前10時過ぎ。

ユニクロの銀座旗艦店の前には100人もの行列ができました。

日本でもカウズとのコラボTシャツの販売が始まります。

開店の30分前ですが30人以上がすでに並んでいます。

池袋東口店でもご覧のように行列が・・

「何を買いにきた?」

KAWSのTシャツ。

中国で人気。

友達から。

お客様のほとんどが中国からの観光客でした。

中国での人気

店のシャッターが上り切るのを待たず、次々と店内に流れ込みます。

これは3日に中国のユニクロで撮影された映像です。

ユニクロとカウズがコラボしたTシャツやバッグなど合わせて22種類の商品を求めて激しい争奪戦が繰り広げられました。

店の前では取っ組み合いのケンカも勃発。

なぜこのような事態になったのでしょうか?

カウズは香港でキャラクターの巨大フィギュアを展示するなど人気の高い現代アーティストです。

高級ブランドとのコラボグッズは通常数万円はしますが、ユニクロとのコラボTシャツは日本円にして1枚1,500円ほどと手軽な値段で買えます。

また中国の人気歌手やモデルが着ていることでも話題に。

さらに先月末にカウズの公式インスタグラムで「UT(ユニクロTシャツ)とのコレクションが最後になると決めた」と書き込んだことで希少価値が出ると見た人が店舗に殺到し、今回の騒動につながったようです。

たくさん買ったよ。

袋いっぱいに買い込んでいた人も・・・

実は好きな人は手に入らないし、好きじゃない人はこれでこうける。

中国のWebサイトを見てみると・・・

北京支局の佐藤真人記者、

中国のインターネット上では今回のTシャツを多数購入して転売している人もいます。

サイトでは定価のおよそ2倍、3,200円ほどで転売されていました。

中国でお客様が殺到した理由のひとつがこうした転売が目的なんです。

日本での動き

日本でもこの騒動が起きるのでしょうか?

開店は11時ですが先行して店内に人が入っていっています。

混乱を避けるためか、開店の30分前には店内への誘導が始まりました。

北村まあさキャスターも列に並び店内へ。

1種類につき1人1枚までの制限が付いていました。

果たして北村キャスターは買えたのでしょうか?

かなりの熱狂ぶりもあったんですけど、結構みんな順番をちゃんと守って、争奪戦という形ではなくしっかり買えました。

これが人気でした。

色や柄、サイズによっては開店早々に売り切れてしまうものもありました。

「誰用?」

自分の。

「何個買った?」

カバンとTシャツ2つ。

中にはこんなお客様も・・・

「買ったばかり?」

はい。

「いま着た?」

いま。

お客さまの多くは転売目的ではなく自分や家族のために買ったものでした。日本では心配された混乱も起こりませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました