スポンサーリンク

[WBS] ステーキ激戦区で新価格!松屋「900円」のワケ![株式会社松屋フーズホールディングス]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

新型コロナで逆風の飲食業界ですが沖縄発のステーキチェーンが店舗を拡大する中、牛丼チェーンを展開する松屋ホールディングスが10月22日から新たな価格でステーキの提供を始めました。

競争が激化しそうです。

株式会社松屋フーズホールディングス

ステーキ屋松 | グループ店舗 | 松屋フーズ
松屋フーズのステーキ業態、ステーキ屋松についてご案内いたします。

東京・吉祥寺駅周辺。

実はステーキ店の激戦区。

いきなりステーキや沖縄発のやっぱりステーキなど多くのステーキ店がしのぎを削っています。

そして10月22日から新たな価格で勝負に出るのが松屋フーズが展開するステーキ屋松。

こちらのステーキ、10月22日から牛肉200グラムで900円での販売。

これまで付いていなかったご飯を付けました。スープやサラダも付いての値段で、それらはおかわりも自由です。

すごく軟らかくて食べやすい。

コストパフォーマンスもいいし、女性でも入りやすい。

いま全国で拡大中のやっぱりステーキも200グラムを1,000円で提供。ご飯やサラダ、スープ付きも同じです。

今回、新たな価格にした狙いは・・・

松屋フーズの広報、青木葉子さん、

松ロースステーキ200グラムで900円。

メキシコ産の牛肉を使っている。近年、質が上がりおいしくなったからメキシコ産を採用し、安価に提供している。

低価格の秘密は肉に割安なメキシコ産を使用。

さらに米などの食材は松屋フーズで一括購入しているためコストが抑えられるといいます。

牛肉についてはグループ店の松屋でステーキ屋松とのコラボ商品のステーキ丼が提供されています。

現在、松屋フーズのステーキ店は3店舗ですが今後は出店を増やしていきたいといいます。

中央線沿線でまずは試してみて、どんどん県を広げていき、ゆくゆくは完済、北海道、九州、全国的に増やしていけたら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました