[WBS] 全国平均地価がバブル期以来の上昇!上昇率No.1の理由は「外国人」!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

国土交通省が今年7月1日時点の基準地価を発表しました。

全国平均は前年と比べて0.1%のプラスとなりバブル期の1991年以来27年ぶりに上昇しました。

特に上昇率が高いエリアを見てみると、いま地価上昇につながるいくつかのキーワードが見えてきました。

スポンサーリンク

基準地価

国土交通省が9月18日に発表した今年の基準地価。

住宅地や商業地、工業地などすべての用途を合わせた全国平均はバブル期以来27年ぶりに上昇に転じました。

その理由として住宅地では低金利の継続によって需要が堅調に推移、地方でも下落幅が縮小傾向にあります。

また商業地では再開発が進んで賑わいが生まれたことで投資が拡大しました。

東京、名古屋、大阪の三大都市圏や札幌、仙台、広島、福岡の商業地を中心に大きく伸びたのも要因です。

また特に上昇率の高いエリアを見ると地価上昇のキーワードが・・・

外国人

スキーリゾート地、北海道倶知安町。

商業地、住宅地とも上昇率がトップでした。

近隣にあるニセコのスキー場が訪日外国人に人気のスポット。

数億円の別荘が完成前から売れているといいます。

東急リゾートの渡邉将一さん、

シンガポール・香港・タイといった海外の富裕層が買っている。

「投資目的?」

主に利用目的。スキーリゾートを楽しむ需要がほとんど。

移住者

沖縄県那覇市でも地価が上昇。

那覇空港からモノレールでおよそ20分の新都心と呼ばれるエリアです。

そこに建設中のマンション「プレサンスロジェおもろまちレーヴ」がありました。

そのモデルルームを見せてもらうと・・・

広さは84平方メートル、4LDKのタイプの価格は?

ファンスタイルの福里弘子さん、

この広さだと5,000万円超えで、上の階だと7,000万円。

価格は5年前と比べておよそ1.7倍上がっているといいます。

それを牽引しているのが県外からの移住者。

契約した人の4割は出身が県外。

公共施設や商業施設も充実していて転勤者や移住者の居住ニーズが高まっています。

オリンピック

千葉県一宮町。

ここでも地価は上昇していました。

実はこの一宮町、東京オリンピックで正式競技となったサーフィンの会場に選ばれたのです。

地元サーファーは、

僕の家の周りは何もなかったが、どんどん家や飲食店が建ってきて、10年前では考えられないくらい。

一宮不動産

街の不動産店を訪ねると・・・

一宮不動産の勝又泰雄社長、

不動産店からすると活況。

東京五輪を含めてサーフィンの人気の下支えがあったからでは。

ここ3~4年で物件を探す人が増えていて8~9割がサーフィンを目的に移住してきているといいます。

現在、売りに出ている物件を案内してもらいました。

一宮不動産の久我喜久代さん、

こちらがリビング、広くて天井も高くて明るい部屋。

2階建ての3LDKの物件、30帖ほどの広い吹き抜けのリビングが特徴です。

波に乗れるポイントまで歩いて5分という立地から問い合わせは多いといいます。

「都心まで通える?」

そうですね。駅から東京まで特急で1時間くらい。都心まで通っている人もいる。

また、こちらのサーファー向け賃貸物件は海まで徒歩3分という立地が魅力ですぐに埋まったといいます。

いま一宮町の海岸沿いは建築ラッシュ。

オリンピック需要を見込んで新しい物件が次々と建っています。

東京五輪で世界中の皆さんが一宮という町に興味を持って「爆買い」ではないが来てくれるかもしれない。期待したい。

スポンサーリンク