[WBS] 【THE行列】まぜる薬膳カレー

ワールドビジネスサテライト(WBS)

spicy curry 魯珈

東京・新宿区。JR大久保駅近くの路地に行列ができています。土曜日には10人近くが並ぶといいます。

お客様のお目当ては大きな皿に盛られたカレーです。

お客様の反応は、

すごくおいしいですよ。

本当に食べた瞬間ドンピシャだった。

食べると汗も吹き出す人気のカレーの秘密とは?

薬膳カレー

本格的な南インドカレーを提供する「スパイシーカレー魯珈(ろか)」。

一番人気は「ろかプレート(950円~)」。

いろいろなスパイスがきいていて、じんわり汗が出てくる感じ。

カレーには約10種類のスパイスやハーブが使われています。

まずはマスタードシードを入れてから辛味を出します。次に甘く香り辛みもあるシナモン、さわやかな香りが強いカルダモン。甘い香りとしびれるような刺激のクローブ。そして南インド風カレーには欠かせないカレーリーフを投入。独特なスパイシーな香りが油に移っていきます。

スパイシーカレー魯珈の齋藤絵理さんは、

煮込み時間が短い方がスパイスの香りが残ったまま、香りが強い状態で仕上げられる。

これらのスパイスやハーブは漢方で使われるものも多く薬膳カレーとも呼ばれています。

齋藤絵理さん

店主の齋藤絵理さんは幼いころ両親に連れられカレーを食べ歩いたことからカレー好きになりました。高校生の時にカレーの店を開くことを決心しました。

そして都内の南インドカレー店で7年間修行した後、2016年12月に独立しました。

店を開く時にこだわったのは大久保という立地です。

私がよく行く店はここ。バングラデシュの人が経営するスパイスショップ。

マスタードシード。南インドでよく使うスパイス。

こうしたスパイスやハーブを買うことができる店が大久保周辺には揃っています。

ろかプレート

齋藤絵理さんがお客様に勧める「ろかプレート」の食べ方も独特です。

周りの生野菜と副菜ですが食事の中盤くらいに全部まぜて、いろいろな食感をお楽しみください。

人気メニューの「ろかプレート」はカレーの周りに炒め野菜や生野菜、タマネギの酢漬け、高菜などが添えられています。

そしてご飯の上に乗せたのが台湾の屋台などで「魯肉(ルーロー)」という名前で売っている豚バラ肉の煮込みです。

言われたとおりに途中からカレーも野菜も魯肉も全部まぜて食べると、

酸味もあったり魯肉の香りも出てきて、まぜた方がおいしいかもしれない。

南インドではカレーは本来、付け合せなどと食べるものです。齋藤絵理さんは自分が大好きな魯肉をカレーと混ぜる独自メニューを作りました。

カレー店で独立するなら大好きな魯肉も一緒に作ろうと決めていた。

この斬新なメニューがカレー好きの間で評判となり開店して2ヶ月足らずで行列ができる店となりました。

アロマ効果で食べたときに香りでリラックスしてほしい。

高校生の頃からの夢を叶えた齋藤絵理さん。そのまぜる薬膳カレーにハマるお客様が増えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする