スポンサーリンク

[WBS] 36年ぶり国内回帰!資生堂の栃木工場が稼働!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

これまで工場を中国などアジアに移転することが多かった日本企業ですが、最近国内に戻す動きも出始めています。

大手化粧品メーカーの資生堂は12月24日、国内で36年ぶりとなる新工場を本格稼働しました。

その背景には何があるのでしょうか?

株式会社資生堂

資生堂‐化粧品・美容の情報
資生堂が取扱うブランド情報、化粧品の商品情報、お客さまの毎日のキレイにお役立ちするワタシプラス、お客さま窓口、企業情報等、さまざまなコンテンツをご用意しています。

朝8時前、会社に出勤する従業員たち。

資生堂の36年ぶりとなる国内工場が12月24日から本格稼働しました。

12月24日は工場で生産された商品を出荷。

出荷までの苦労を思い出した社員は思わず、

うれしいのでほっとした。苦労を思い出すだけで感動する。

2018年1月から携わっていて大変な思いもたくさんあったが人に支えられてこの日を迎えられた。

街の人は、

雇用が増えれば街が活性化する。お金が循環する。

新たな就職先が出てくるかな。

工場では衛生管理を徹底するほか、社員の6割が女性であることを受け、働きやすいようなパウダールームなどを備えています。

国内工場を建設した最大の理由が海外での需要の増加。

去年、中国での売り上げは1,908億円で前の年より32.3%増えました。

この需要に対する供給が追いつかず、資生堂ではおよそ500億円から600億円程度の販売機会の損失が発生したとしています。

この工場の稼働により中高価格帯のスキンケア商品を1億2,000万個作ることができます。

さらに400人体制の人員についても・・・

資生堂の長谷川修嗣那須工場長、

将来的には1,000人規模の工場となる計画。

ブランドの発信拠点として地域の人と成長・発展していきたい。

日本の化粧品

日本の化粧品は外国人観光客にも根強い人気。

特に中国からの観光客は・・・

「いくら買った?」

9万円ほど。妻の友達に頼まれた。

15万前後買った。

値段は中国のものより高いが、使ったときの効果がいい。

しっとりするし、中国のものと違って乾燥しない。

日本の化粧品は品質が保証されている。

アジア女性に適していてアンチエイジングや美白に効果がある製品がある。

なぜなら日本の女性もともても美白が好き。全アジアの女性も美白が好き。

株式会社日本色材工業研究所

資生堂‐化粧品・美容の情報
資生堂が取扱うブランド情報、化粧品の商品情報、お客さまの毎日のキレイにお役立ちするワタシプラス、お客さま窓口、企業情報等、さまざまなコンテンツをご用意しています。

日本の化粧品の根強い人気は黒子役だった企業の急成長を促しています。

ずらりと並んでいるのは化粧品の顔料。

実際に数えたことはないが何百種類かはある。

実はこの会社、アメリカのエスティローダーグループなど国内外のメーカーおよそ400社の製造を請け負っているのです。

メーカーから製造を請け負うOEMの化粧品市場規模は18年度に3,250億円と4年で4割も増加。

日本色材工業研究所の奥村浩士会長は、

各メーカーがどんどん外注に出していく方向に動いているため化粧品全体の伸びよりもOEMの伸びの方が大きい。

つくば工場

茨城県つくば市。

日本色材工業研究所は生産能力の不足を補うため34億円を投じ工場を増設中です。

日本色材工業研究所つくば工場の髙木明工場長、

こちらは化粧品の中身、バルクと呼んでいるがそれを作る製造工程。

化粧水、乳液、ファンデーションを作る。

2ヵ月前に設置した釜。生産量はおよそ1,000キログラム。

100ミリグラムの化粧品が1,000万個できます。

釜からできた液体を容器に充填する作業。今日は日本メーカーの乳液を詰めていました。

違うブースではマスカラを。

こちらは口紅。

いまは神奈川県の工場などで作ったものを充填していますが、来年からはこの工場で一貫生産でき、生産能力は1.5倍にアップします。

つくばでバルク(中身)を作ることでお客様の要望に応えられる時間が圧倒的に短くなる。

化粧品のメイド・イン・ジャパンのニーズが高まり、海外メーカーからの受注も増えているといいます。

海外からの受注もどんどん増えている。

中国や東南アジアから増えていてこれはしばらく続くと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました