[WBS] お得な太陽光発電!優遇終了で次なる一手!?

ワールドビジネスサテライト(WBS)

皆さんの周りにも自宅に太陽光パネルを付けている方いらっしゃるのではないでしょうか。

発電した電力は自宅で使えるほか、余った場合は電力会社に売って収入を得ることもできます。10年前に始めた人の売電価格は48円ですが、これが間もなく10円前後にガクッと下がります。

国井範彰さん

埼玉県行田市に住む国井範彰さん。

屋根に乗っているのが太陽光パネル。発電量は3.15キロワット。

そこにあったのは太陽光パネルです。

国井さんは日が差している時間は太陽光パネルで発電した電力を自分で使い、余った電力は電力会社に売っています。

その金額は、

売電価格は48円/キロワット時なので合計1万4,976円。

太陽光発電ができない夜の時間は電力を買いますが、それを引いても毎月およそ1万円の黒字だということです。

国井さんが利用しているのは国が2009年から始めた制度。

太陽光などで発電した電力を10年間、同じ価格で電力会社が買い取るというものです。

買取価格は国が決め、当初1キロワットあたり48円と高額にしたことで太陽光は一気に普及しました。

買い取り費用は私たちの毎月の電気代に上乗せされています。

しかし、制度開始から10年となる今年11月、48円での買い取りは順次終了し、その後は電力会社が電力会社が値段を自由に決めることになるのですが、

東京電力が発表したのは48円が8.5円になる。

いま1万4,000円ほどだが、2,000円とか3,000円になる。

安すぎるとは思ったけど。

多くの電力会社が1キロワットあたり10円以下の買取価格を示しているのです。

そこで国井さんが購入を検討したのが蓄電池です。

発電した電力を安い値段で売るのではなく蓄電池に貯め、それを発電できない夜の時間に使うというもの。なるべく自分で消費しようというのです。

しかし、

市販されている蓄電池は高い。200万円近くする。

蓄電池の多くは200万円ほどするため二の足を踏んでいました。

パナソニック株式会社

こうした中、パナソニックが7月2日に発表した新たな蓄電池。従来のものより容量を小さくすることで価格を167万円に抑えました。

テレビや照明をフル稼働させた時に従来の蓄電池だと16時間。

今回発表された蓄電池でも10時間持ちます。

さらに・・・

パナソニックの中嶋慎一郎氏、

業界最多バリエーションの蓄電容量。

業界で初めて容量を15種類から選んで増設することが可能に。

パナソニックはさまざまな発電量に合わせた蓄電池を発売することで制度終了の対象者の取り込みを狙います。

大きな容量を電池でためたい人もいる。

ちょっとの備えをしたいという人は小さい容量を選ぶ。

いま蓄電池には多くのバリエーションが求められている。

また政府も最大で60万円お補助金を出し、蓄電池の購入を後押し。

制度が終了する秋に向け動きが活発化しています。