スポンサーリンク

[がっちりマンデー]儲かる!「ニュータイプ農業」!(3)[株式会社彩の榊]

儲かる!「ニュータイプ農業」!

株式会社彩の榊

国産榊の販売や生産は彩の榊にお任せください。
国産の榊や樒の販売と生産を行っている彩の榊です。責任を持って全国の皆様に良質な榊をお届けいたします。榊の販売、生産、出荷に関するご質問やお見積の依頼など、どうぞお気軽にご相談ください。

儲かる!ニュータイプ農業!

続いて向かったのは東京・青梅市。

すると、

こんちは~。

トラクターにまたがり颯爽と現れたのがニュータイプ農家の佐藤幸次さん。

一体何を作って儲かっているのか?

あ!サカキ・・・

サカキを作ってますね。

あまり聞き慣れない名前の農作物ですが、サカキは会社の裏山で収穫できるということで、その様子を見せてもらうことに。

すると佐藤さん、なんと山に生えている木を切り始めた!

「これがサカキ?」

サカキですね。

佐藤さんの会社、彩の榊で販売しているのがツバキ科の植物「サカキ」。

お家や会社の神棚にお供えしたり、神社で神主さんが儀式を行うのに欠かせない植物でその市場規模はなんと70億円。

実際に神棚にサカキをお供えしている会社では・・・

「どのくらいのペースで替えるんですか?」

東京バーディクラブの松本理歩さん、

15日に1度、1日と15日。

神棚のサカキは1日と15日の月2回交換するのが一般的で、しかも神棚がある職場は結構多いのでサカキは安定して売れる。

お値段は神棚に供えるもので1束がおよそ200円。

そもそもサカキはそのほとんどが中国産の輸入で、国内のサカキ生産者はほとんどいなかった。

売れますよね。やってる人がいないから。

「売上げどのくらいなんですか?」

1億ちょっととか、そのぐらいですかね。

ということで佐藤さんの会社はサカキだけで年間売上げ1億円以上。

でも山の中で形や色の良いサカキを見つけるのはかなりの重労働らしい。

そこで佐藤さん、元々自生していたサカキをあるニュータイプな場所で栽培することに成功したのです!

ここがうちのサカキ畑です。

「屋根があるんですね?」

こっちから見ていただくとわかるんですけど全部ソーラーパネルになっている。

佐藤さんがサカキを育てているニュータイプな場所はなんとソーラーパネルの下!

こちらの畑では東京ドーム半分ほどの敷地におよそ7,000枚のソーラーパネルとおよそ1万6,000株のサカキが。

佐藤さん曰くソーラーパネルの下でサカキを育てるニュータイプ農業には2つの大きな儲かりポイントとがあるらしい。

サカキは日陰で育てると濃い緑でツヤが出て、綺麗な美しいサカキができる。

ニュータイプのポイント① ソーラーパネルの下でサカキの品質がアップ!

実はサカキは強い日差しに弱い植物。

ほどほどの日当たりは必要だけど、日光が当たり過ぎると葉が黄色く日焼けをして売り物にならなくなってしまう。

そんなサカキにとってソーラーパネルの下はベストポジション。

ほどほど日陰で風通しも良い。山に入らなくても青々とした高品質なサカキを楽に収穫できちゃうってワケ。

ニュータイプなポイント② ソーラーパネルの下で育てると土地代がタダ!

実はこの場所、元々の所有者さんがいて佐藤さんはその土地を借りてサカキを栽培している。

でも土地代がタダって一体どういうことですか?

法律が変わって農地でもソーラーパネルが建てることができるようになった。

実は農地として登録されている土地の多くは農業以外に使っちゃいけないって法律で決められていた。

しかし2013年、法律改正で農地にソーラーパネルを建てて電気を売ってもいいですよってなったのです。

これ後継者不足などで農業ができない農家さんにとってはかなりの朗報だったのですが一つある条件が!

ソーラーパネルを建ててパネルの下でも農業を継続して行わなければならない。

「ソーラーパネルだけではダメなんですか?」

ダメですね。

ソーラーパネルで電気を売るために同じ場所で農業もやってなければいけない。

電気は売りたいけど農業はできない・・・

サカキを作りたいけど育てる場所がない・・・

そんな農家さんと佐藤さんの利害関係が一致してサカキを栽培するスペースをタダで提供してもらえるんです。

このシステムを使い、佐藤さんのサカキ畑は全国に拡大。総面積は東京ドーム15個分以上っていうからスゴい!

実際に栃木県那須塩原で東京ドーム4個分の敷地を使いソーラーパネルで発電している事業者さんは・・・

株式会社エイコーの塩川挙一さん、

1年間で1,500万kWhの発電量を見込んでおります。

「いくらぐらいに?」

数億円という形で。

「がっちりですか?」

がっちり!

なんと年間で数億円の電気を販売する見込み。

彩の榊はサカキでがっちり!

[がっちりマンデー]儲かる!「ニュータイプ農業」!(1)[キノシタファーム]
キノシタファーム まずやって来たのは大阪府和泉市にあるキノシタファーム。 木下健司さんはミニトマトを作っているニュータイプ農家さん。 東京ドームよりも広い5,000平米というでっかい敷地のビニールハウスの中で栽...
[がっちりマンデー]儲かる!「ニュータイプ農業」!(2)[吉原ファーム]
吉原ファーム 儲かる!ニュータイプ農業! 続いてやって来たのは栃木県日光市のニュータイプ農家「吉原ファーム」。 早速ですが吉原治さん、儲かってます? ある裏技を使って儲かってます。 「裏技?...
[がっちりマンデー]儲かる!「ニュータイプ農業」!(3)[株式会社彩の榊]
株式会社彩の榊 儲かる!ニュータイプ農業! 続いて向かったのは東京・青梅市。 すると、 こんちは~。 トラクターにまたがり颯爽と現れたのがニュータイプ農家の佐藤幸次さん。 一体何を作っ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました