スポンサーリンク

[モーニングサテライト]【輝く!ニッポンのキラ星】地域を活性化する取り組み!埼玉 立地に合わせた温浴施設[株式会社温泉道場]

モーニングサテライト

地域の頑張る企業を取り上げる「輝く!ニッポンのキラ星」です。

今回は緻密なマーケティングを基に移植の温浴施設を展開し、急成長している埼玉県の企業を取り上げます。

株式会社温泉道場

TOP | 温泉道場
株式会社温泉道場は日帰り温泉の運営会社です。

埼玉県内にある温浴施設。

硫黄の湯を使った露天風呂など7種類の湯が楽しめますが、人気なのが・・・

ゆっくりできるスペースが多い。

ところどころに設けられたリラックススペースです。

ハンモックに飲み放題のサービス。さらには1万冊以上の雑誌や漫画も。

コンセプトはカフェ感覚。その名もおふろcaféです。

埼玉県を中心に全国7ヵ所で展開しているおふろcafé。

店ごとに異なる特色を打ち出しています。

中のグランピングの雰囲気が他になくて面白い。

この店の特徴はアウトドアとグランピング。

レストランではアウトドアらしいスペアリブも味わえます。

お風呂はどこにでもあるが子供が遊べる所は少ない。

キッズスペースにも力を入れています。

楽しい。

温浴施設の競争が激しくなる中でもリラックススペースを重視したスタイルが人気を集めています。

それにしてもなぜアウトドアなんでしょか?

おふろcaféを手掛けた温泉道場の山﨑寿樹社長、

埼玉は河川の面積が大きい県。アウトドアを楽しむ下地がある。

天皇が悪い時でも地元の人に楽しんでもらいたいと企画した。

そしてこのおふろcaféは5年前に閉鎖した健康ランドをリノベーションしたもの。

既存の施設をうまく使って風呂以外のスペースを充実させています。

コストを抑えながら地域にあった店づくりで差別化を図っているのです。

埼玉県ときがわ町。

豊かな自然に囲まれたこの町におふろcaféを手掛ける温泉道場の本社があります。

2011年創業、従業員369人です。

社長の山﨑さんはもともと経営コンサルティング会社に勤め、日帰り温泉施設を担当していました。

全国2,000ヵ所以上に足を運んだ経験が立地に合わせた店舗づくりに生きています。

大事にしているのはまち歩き、スーパー・飲食店・公園など。

住民とコミュニケーションを取る中で求められているモノの開発を心掛けている。

ゆったりとしたスペースのある温浴施設を作りたいと起業したのは2011年。

経営難に陥っていた埼玉県内の2ヵ所の温泉を引き継いで事業を開始します。

しかし創業2日後に東日本大震災が発生するという苦難のスタートでしたが・・・

その当時、埼玉では珍しかった企画性を打ち出した施設に仕上げ、経営を立て直しました。

その成功を受けてつくったのが埼玉県大宮のおふろcaféです。

ヒットした理由は大宮の立地に合わせ若い女性をターゲットにした点でした。

業界的には若い人をターゲットにすると客単価が取れないと言われた。

しっかりとした世界観の空間をつくることで想定よりお客様が来た。

若い女性が一番多い温浴施設になった。

ほかにも星空の町として認定を受けた北海道芦別市では星を眺めるイベントを開いたり、三重県四日市市では地元で人気があった大衆演劇を楽しめる複合施設などを手掛けています。

再生事業以外ではこんなことを・・・

今期はコロナの影響で酒の製造量や酒粕の出荷量の大きな打撃を受けた。

コロナで売上が落ちた埼玉県内の酒造業者2社の日本酒を買い取り、新たな取り組みを考えています。

浴槽の中に日本酒や酒粕を使った風呂。

酒粕を使ったパンは香りが出ておいしかった。

いくつかメニューを出す予定。

さらに先月、地域活性化を目的に埼玉県横瀬町と連携。

社員を派遣して既存施設の利用促進や空き家活用などの展開を考えています。

地域の活性化は雇用。

埼玉県ときがわ町や越生町とも連携し地域づくりをしている。

風呂を中心として地域を盛り上げていく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました