スポンサーリンク

[WBS] キャッシュレスで「還元」!「現金主義」大阪に挑む!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

消費増税と同時に始まるある制度。10月から始まるキャッシュレス消費者還元制度。

お客様が買い物や飲食をする際にクレジットカードやスマートフォンのQRコード決済を利用すると最大で5%分のポイントが還元されるというものです。その制度の開始に向けて企業の動きが活発化していますが、課題もあるようです。

株式会社甲賀流

TOPページ 大阪アメリカ村甲賀流 たこ焼き
大阪アメリカ村甲賀流は網かけマヨネーズ発祥のお店です。王道のソースマヨをご賞味ください。

大阪・心斎橋。

先週、老舗のたこ焼き店「甲賀流本店」でキャッシュレスサービス「メルペイ」の取り扱いが始まりました。

メルペイはフリーマーケットのアプリを手掛けるメルカリの機能の一つ。

店のタブレット端末で金額を入力し、お客様のスマホのQRコードをスキャンすれば支払いは完了です。

最大の特徴はメルカリで物を売って得たお金をそのまま使えること。

メルペイの富松賢一さん、

メルカリの売上金は不用品を売って得られた余剰金。

消費のきっかけが作れる。

このたこ焼き店は開業から45年間、支払いは現金のみだったといいますが・・・

たこ焼き店を運営する甲賀流の田中由弘社長、

外国や日本のお客様に言われることが多くなった。「ペイないの?」「どれ使えますか?」と。

時代がだんだん迫ってきたから僕らもやらなあかん時がきた。

導入にあたってたこ焼きが200円引きになるキャンペーンを実施。その費用はメルペイが負担します。

株式会社メルペイ

メルペイ - メルカリアプリでかんたんスマホ決済・QRコード決済
「メルペイ」は、フリマアプリ「メルカリ」を通して、全国のお店で利用できるスマホ決済サービスです。「メルカリ」アプリをご利用のお客さまは、「メルカリ」上での取引を通じて保有している売上金を、全国の加盟店で利用することができます。

10月に始まる消費者還元制度ではお客様がキャッシュレスで支払うと最大5%分のポイントが還元されます。

来年6月までの期間限定の制度でポイント分の原資は国が負担する仕組みです。

制度開始に先駆けて大阪でキャンペーンを仕掛けたメルペイ。

そこにはある理由が・・・

香港からの観光客、

香港ではスマホでよく払っているよ。アップルペイでね。

中国からの観光客、

中国ではアリペイを使っているわ。

日本でアリペイを使える店は少ない。

大阪は現金主義が根強いことで知られています。

ある調査では10月に消費者還元制度が始まっても4割の店舗などがキャッシュレスの導入予定はないという回答。未定も4割に上ります。

メルペイがサービスを始めたのは今年2月。業界では最後発です。

ペイペイや楽天ペイなどがさまざまなキャンペーンで成功する中、メルペイは他社が敬遠しがちな大阪でシェア拡大を狙っているのです。

京セラドーム大阪で開かれたオリックス・ロッテ戦。

メルペイは今回、ビールの売り子や球場の売店でのサービスも始めました。

実際に大阪で使ってもらえるのでしょうか?

きょうからメルペイで支払いできる。

キャッシュレスはあんまり・・・

現金派ですか。

こちらの球場はお客様の3割が40代以上の男性。

現金主義のお客様は多いようですが、

メルペイ出す。メルペイ。

売り子が持っているQRコードをお客様がスマホでスキャン。

こちらに750円お願いします。

金額を入力して決済します。

メルカリでたまに中古品を売るという女性は、

メルカリはお小遣い稼ぎ程度にやる。それで支払えるなら良い感じ。

この球場ではこれまでキャッシュレスの利用は2割から3割程度でしたが、このキャンペーンで数%伸びたといいます。

メルペイの山代真啓氏、

10月に向け世の中が盛り上がっていくので、いろんな形でメルペイを1回使ってもらえる機会をつくりたい。

10月から始まるキャッシュレス・消費者還元制度。

ただ、うまく回るか課題もあります。

大阪の店で制度のことを聞くと・・・

制度は知らないです。

そうなんですか?すいません。

制度自体を知らない人も多いようです。

実は今回の制度では小売店や飲食店がキャッシュレスの決済事業者を通して経済産業省に加盟店登録をする必要があります。

国は小売店などがキャッシュレス事業者に支払う手数料のうち3分の1を負担します。

ただ対象店舗は数百万店ともいわれますが、7月末時点で申請店舗をおよそ24万店。ごく一部にとどまっているのです。

経済産業省に聞きました。

「制度開始にどう間に合わせる?」

キャッシュレス事業者が加盟店の情報をまとめて申請する必要。そこに時間がかかっているのが一番の問題。

体制を強化して間に合うように努める。

コメント

タイトルとURLをコピーしました