スポンサーリンク

[WBS]【THE行列】山賊レストラン!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

山奥にあるのにわざわざ足を運びたくなるレストランがあります。

そこには意外な仕掛けがありました。

いろり山賊

いろり山賊ホームページ
山口県のもうひとつの名所。大きなむすびの「山賊むすび」、豪快に食らう「山賊焼」、「 山賊うどん」、「皇牛」で有名な御食事処「いろり山賊」。店舗は玖珂店、錦店、周東店の 3箇所です。日本の伝統文化、日本人の心を肌で感じて頂ける民芸調のお店です。

日本三大名橋のひとつ「錦帯橋」。

ここ、山口県岩国市にはもう一つ人気スポットがあります。

よる6時、真っ暗な山道を進んでいくと・・・

突如、煌々とした明かりが現れました。

まるで祭りのような賑わい。

近づくと行列がありました。

「山賊」でも食べようかなと。

「山賊」を食べる!?

この不思議な場所は一体?

名物

実はここ、山口県では知らない人がいないほど有名なレストラン「いろり山賊」。

料理も山賊の名の通り、豪快さとボリュームが売りです。

鶏ももを秘伝のタレにつけ、じっくり炭火で焼き上げた「山賊焼き(789円)」は月に3万本以上売れるこの店の名物。

串を持って豪快にかぶりつく!

やっぱりたまらない。

「山賊」のような気分になれる。

そして茶碗2杯分のご飯に鮭、昆布、梅を入れて作るのが「山賊むすび(519円))」です。

子供の顔と比較するとこの大きさ。

そしてもう一つの人気メニューが皇牛のステーキ。

皇牛とは和牛のルーツといわれる見島牛の遺伝子を持つブランド牛。

飲食店で食べられるのはこの店だけという貴重な一品「皇ロイン(7,020円)」です。

提供するのは3歳未満の雌牛のみ。柔らかくジューシーな味わいが特徴です。

肉汁がブワッと広がる。

めっちゃ豪華でおいしい。

髙橋航太社長

この店の広さは6,000坪。

なんとサッカーコート3面分という広大な敷地です。

もともとは広島の繁華街にあった人気の居酒屋でした。

創業者が全国から人を呼べて大人も子供も楽しめる店を作ろうと1971年、この地に移りました。

いろり山賊の髙橋航太社長は、

普通の店を作っても山奥まで来てもらえないので、ここにしかないものを。

山賊の住処のような客席にはさまざまな仕掛けが・・・

2階のヒラカワ様、追加のおむすび上がります。

料理を出すのにもお客様を楽しませる。

屋外には人気のこたつ席。

そしてよそから移築してきたのが本物の神社。

子ども達が夢中になるのは叩き放題の太鼓です。

いっぱい遊ぶ所があるので子供にいい。

さらに、

こちらが「手作りの滝」です。

なんと山を切り開いて作ったという高さ50メートルの滝。

この滝を目当てに訪れるお客様も少なくありません。

シーンとしていたらおもしろくない。

音をつくるためにつくった。

お客様に自然の中でリフレッシュしてもらいたい。

まるで山間のテーマパーク。

ここに年間57万人が訪れるといいます・

最近では大手菓子メーカーとコラボしたここでしか買えないお土産まで開発。

中には箱買いする人まで・・・

店の雰囲気など、いろんなものを感じて、ご飯を食べてお腹を満たすだけではなくて、目と心にもごちそうを。

食べてよし、楽しんでよしの山賊レストラン。

今後も行列は続きそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました