スポンサーリンク

[WBS]ウーバー当事者語る”不法就労”!出前館も外国人配達員一時停止[株式会社力の源カンパニー]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

就労資格がない外国人が少なくても184人、ウーバーイーツの配達員として違法に働いていたことが先週分かりました。

フードデリバリー各社は同じようなケースがないか確認に追われていて、出前館やmenuが外国人を配達員として働かせることを一時停止したことが7月1日に分かりました。

取材を進めたところ、新型コロナの影響で日本に滞在する外国人を取り巻く環境が急速に悪化している実態が見えてきました。

株式会社力の源カンパニー

ラーメン【一風堂】
 "Zuzutto”すする喜びを世界中に伝える、博多発祥のラーメン専門店【一風堂】の公式ウェブサイト。新商品、キャンペーン、店舗検索、求人、通販などをご紹介。

ラーメンチェーンの一風堂。

開店前、厨房で準備をしていたこの2人。ベトナム人の従業員です。この店で1年ほど働いています。

麺あがります。

ラーメンの盛り付けを行っていたのが日本人の夫を持つヒエンさん。働くことができる配偶者ビザを持っています。

こちらのフォンさんもアルバイトができるビザ(特定活動ビザ)を持っています。

一風堂 五反田東口店では25人の従業員のうち7人が外国籍。

中山雄太郎店長、

非常にハングリー(貪欲)。外国籍スタッフは優秀。

「働きやすさは?」

最初はあまり日本語分からない。どんどん分かった。

「どう?」

今は慣れたから大丈夫。

店舗運営には欠かせない外国人。しかし、採用には慎重にならざるを得ない出来事があったといいます。

驚きの方が強かった。まさか偽造なんて。

5月、あるベトナム人男性が面接にやって来ました。持っていた在留カードを見せてもらうと日本で制限なく働ける定住者と記載されていました。

これが実際に見せてもらったカード。

特に問題があるとは思わず採用手続きのため、在留カードのコピーを人事部門に送りました。

すると、

ここのスタンプ、本物は印鑑がぼやけている。はっきり映っていない。

偽造ではないかと。

ほかにも本来全角で印字される部分が半角に。男性が持ってきたのは偽造カードだったのです。

そういうものがあると把握せず、偽造のことを今回初めて知った。

こうした偽造カードはSNSなどを通じて売り買いされることも増え、検挙数も増加傾向にあります。

そこで一風堂は今月からあるシステムの導入を始めました。

ビザ(在留カード)を出して。

それは偽造カードを見破るアプリ。実は在留カードにはICチップが内蔵されていて、このアプリでカードを読み取ると出入国在留管理庁が管理する氏名や就労制限などが表示されます。それとカードの記載を照らし合わせることで偽造カードを見破ります。

一方、就労資格のない外国人を不法に働かせたとして書類送検されたウーバージャパン。

警視庁の調べではウーバーイーツを使い不法就労した外国人は184人にも上るといいます。なぜ、ここまで広まったのでしょうか。

去年、実際にウーバーイーツで不法就労をしていたベトナム人を聞くことができました。

友人の在留カードを借りてウーバーに登録した。

他にもそういう人がたくさんいた。

実はウーバージャパンでは去年まで外国人が配達員として登録する際、本人確認は在留カードの写真を送るのみ。

登録後は会社に行くことはなく、飲食店とお客様の間を行き来するだけだったため、不法就労が横行しました。

ウーバーの書類送検を受け、デリバリー各社は相次いで対策を強化。7月1日、出前館やmenuが外国人が配達員として働くことを停止したことが分かりました。

では、なぜ外国人は不法就労に手を染めるのでしょうか。

コロナの影響もあり、仕事も給料も減った。そのためだ。

3年前に技能実習生として来日したこの男性。技術と知識を身につけ、将来ベトナムで起業することを夢見ていました。

当初、水産加工会社で働き、月10万円ほどの給料をもらっていました。

しかし、

給料は6万円に下げられた。

コロナの影響で飲食店が次々と休業。水産加工品の需要も減りました。

職場での勤務時間も制限され、給料は下がりました。

その時見つけた仕事がウーバーの配達員。技能実習生は本来、決められた企業でしか働けませんが、生活のため不法就労を始めたのです。

ウーバーでは月15万円ほど稼いだ。

違法だと分かっていたが他に選択肢がなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました