スポンサーリンク

[WBS] 再生エネの切り札化!?世界初「黒潮で発電」!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

期待が高まる新たな再生可能エネルギー。

よく知られているのは太陽光発電、風力発電ですが、こちらは発電できる能力に対して実際の発電量はそれぞれ15%、そして20~40%にとどまっています。なぜかというと天候などに左右されやすく不安定だからです。

これに対して50~70%という安定感のある発電システムの開発が進んでいます。

そのエネルギーとなるのが日本の沿岸を流れる黒潮です。世界初の海流発電を取材しました。

株式会社IHI

株式会社IHI
株式会社IHIのコーポレートサイトです。IHIは総&#...

重工業メーカーのIHIが7月25日に公開したのは・・・

IHIの技術開発本部、長尾茂樹さん、

こちらが海流発電の実証実験樹「かいりゅう」。

長さ20メートル、幅20メートル。

容器の一番上まで6メートルの高さがある。

かいりゅう

かいりゅうは黒潮の流れを利用して発電するシステム。

黒潮は日本の沿岸を流れる世界的にも強い海流で、年間を通じて安定しています。

その流れを受け止めるのは、

こちらがタービンのブレード(羽根)。1枚が4.5メートル。

それが2枚つくことで直径11メートル。

「かなりの発電が期待できる?」

片側の水車で最大50キロワット発電できる。

一般家庭でいうと左右合わせて年間40軒分相当の発電ができる。

かいりゅうは2017年の実験で黒潮で発電することに成功していますが、その発電方法もユニークです。

発電するときには海流の中に自分でゆっくり沈んでいって発電する。

自分で深さ、傾きをセンサーで検知しながら制御してくれる。

黒潮は海面から50メートルほど下に流れています。

そこで海底のおもりに繋がれたかいりゅうは自分で黒潮の流れのある層まで潜航します。まるで凧揚げのように黒潮の中で本体を浮かせたまま発電をするのです

その様子は本体に取り付けたカメラで監視。

こちらが海中でのブレードの動きです。

1分間で最大で15回転とゆっくり動くので魚がぶつかることもありません。

実証実験

IHIは実用化に向けてこの秋から1年以上に渡る長期の実証実験を行う予定です。

2030年頃の普及を目指し発電効率が良くなる大型化にもチャレンジしていくといいます。

発電コストを下げていくのが海流発電システムの目指すところ。

1キロワットあたり20円という発電コストを実現したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました