スポンサーリンク

[WBS]ホンダ世界初 自動運転レベル3!高速渋滞時 DVD鑑賞OK[本田技研工業株式会社]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

ホンダは3月4日、世界で初めてとなる自動運転レベル3の機能を搭載した新型車「レジェンド」を発表しました。

レベル3とは一体どのような機能なのでしょうか。

本田技研工業株式会社

Hondaホームページ:本田技研工業株式会社
Hondaウェブサイトへようこそ。このサイトは本田技研工業株式会社のオフィシャルサイトです。

本田技術研究所の先進技術研究所、杉本洋一エグゼクティブチーフエンジニア、

国土交通省から自動運転レベル3の型式指定を取得し、自動運行装置を備えた量産車両を世界で初めて顧客に届けられることになった。

ホンダが3月5日に発売する新型「レジェンド」。

世界で初めて自動運転レベル3の機能を搭載しました。

自動運転のレベルは5段階に分かれています。高速道路でハンドルから手を離せるレベル2はすでに日産自動車などが実用化していますが、あくまで運転の主体はドライバーです。

レベル3では高速道路の渋滞時といった一定の条件下で運転の主体が車側に移り、手放しのほか、前方から視線を外すことも可能です。

ウサギとカメのたとえで言うとホンダは自動運転の取り組みが遅れていると数年前に言われていた。

まず安全性・信頼性の設計から始めた。その基本設計を変更せず、ここまで来たので結局はウサギを追い越すことができた。

新型レジェンドは高速道路で渋滞したときにアクセルやブレーキなどの運転操作を車側が行い、ドライバーはカーナビの画面でテレビやDVDを鑑賞することができます。

ホンダは推奨していませんが法律上はスマホ操作も可能です。

最先端の機能を搭載したホンダのレジェンド、顧客への丁寧な説明や通常の車よりきめ細やかなメンテナンスが必要なため100台限定のリース販売となります。

ホンダの寺谷公良執行職、

ホンダが目指している事故ゼロ社会の実現に向けた非常に大きな一歩。

ホンダを先進的な優れたブランドと訴えていく意味でも大きな意義がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました