スポンサーリンク

[がっちりマンデー]儲かる!当たるビジネス(3)[株式会社HIROTSUバイオサイエンス]

儲かる!当たるビジネス

株式会社HIROTSUバイオサイエンス

HIROTSUバイオサイエンス | Hirotsu Bio Science Inc.
HIROTSUバイオサイエンスは 線虫がん検査に関する世界最先端の線虫行動解析技術と 臨床研究成果で、がん早期発見の実現に貢献します。 現在、がん検査は、PET‐CT、エコー、MRI、CT、5大がん検査などが存在しますが、「安価」「簡便」「高精度」という条件を満たした〝最初に受けるがん検査〟は存在していません。しかし線...

やって来たのは東京・紀尾井町にあるHIROTSUバイオサイエンスって会社。

こんにちは。

HIROTSUバイオサイエンス代表の広津です。

いかにも頭の良さそうな紳士が広津崇亮社長。

バイオサイエンスって難しそうですが、どんな当たるビジネスをやっているんですか?

こういうのを使っています。

「何かいるんですか?」

わかります?小さいんですけど。

「なんか点々みたいなのある。」

この糸くずみたいな生き物を使っている。

線虫という生き物。

「線虫?」

その線虫とやらを顕微鏡で拡大し、見せてもらうとこんな感じ。

「動いてますね。」

体長は1mm程度で色は透明に近い。なんだかちょっとだけ気持ち悪けど、この線虫がスゴいんです!

「これを使って何をやっている?」

がんを検査。

がんといえば日本人の死因の第1位でありながらなかなか気付きづらいのが困ったところ。

ところがそのがんをこの虫が当てるという。

広津社長、どういうことですか?

尿の中のがんの匂いを見分ける。

尿の中のがんの匂い?

線虫は嗅覚がとても優れている。

がんの匂いを見分ける。

実はこの線虫、とにかく嗅覚が非常に発達していて自分の好きな匂いに近づく性質がある。

そんな中、かつて大学の先生だった広津社長はあることを発見したんです。

がんの匂いが好きで寄っていく。

その性質を使って検査。

線虫にはたくさんの種類があって、その中には尿の中のがん細胞が出すかすかな匂いが好きな虫もいるということを広津社長は発見したのです。

実際にプラスの部分にがん患者の尿を置いてみると、確かに線虫が寄っていくのが分かります。

健康な人の尿と見比べると全然違います。

現在、この線虫が吸い寄せられるのはこちらの15種類のがん。

どのがんかは分かりませんが、ステージ0や1の早期がんにも反応するといいます。

人間ドッグの腫瘍マーカーでも早期がんの検知精度は10%程度ですが、この検査は86.3%の高感度でがんを見つけるというからスゴい!

早期発見をできれば生存率も飛躍的にアップできる。

広津社長、この線虫を使ったがん検査「N-NOSE」を去年の10月からスタート。

これまで10万人のがん検査をしてきたそう。

社長、その売上げは?

今年度は30億円以上。

来年は120億円以上目指す。

「それくらいの億単位のお金を稼ぐもと?」

線虫のおかげではあります。

そんなN-NOSEの検査キットに使うのはこちらのキット。

尿をこの中に入れて広津社長の会社に送れば検査センターの自動解析機で検査され、6~8週間で結果が届く。

ちなみに病院でがんの総合検診を受けた場合、費用は10万円前後ですが、N-NOSEはキット代・検査台合わせて1万2,500円と安い。その上、お手軽。

N-NOSEを一次検査として受け、これでがんの可能性がある方、次の検査を受けて頂く。

でも社長、何でこんなことをはじめたんですか?

元々大学教員をやっていました。

広津社長、元々は九州大学の先生。

20年以上に渡り線虫の嗅覚を研究し、線虫博士とも呼ばれていましたが・・・

大学って良い発明を生み出すのは得意。

大学にいると研究費が集まらない。

線虫の特殊な能力を発見した広津社長は、これを実用化するためにはビジネスも自分が先頭に立ってやらなくちゃダメだと決心し、会社を設立したんです。

そしてさらに広津社長によるともうすぐこの検査でもっとスゴいことが出来るようになるという。

それが・・・

膵臓がんを特定する線虫を作れる。

膵臓がんといえばがんの中でも特に発見しにくいことで知られるかなり厄介なもの。

ところが・・・

線虫って遺伝子組み換えが簡単にできる。

あるがん種の匂いに寄る線虫を作れる。

実はこちらの15種類のがんもそれぞれ微妙に匂いが違うといわれており、広津社長は遺伝子の組み換えによって特定のがんの匂いにだけ反応する線虫を作る研究の真っ最中。

そんな中で現在、大阪大学と共同で進めている膵臓がんにだけ吸い寄せられる線虫の実用化が近いという。

来年中に実用化したい。

将来的には30億人に受けて欲しい。

ビジネスという意味では大きい。

HIROTSUバイオサイエンスは線虫がん検査でがっちり!

[がっちりマンデー]儲かる!当たるビジネス(1)[株式会社ザッパラス]
株式会社ザッパラス やって来たのは東京・港区にある東京ミッドタウン。 ここの23階にあるザッパラスという会社。 ザッパラス広報の石原です。 「今回、当たるビジネス。」 「当たるビジネスで...
[がっちりマンデー]儲かる!当たるビジネス(2)[株式会社ウェザーニューズ]
株式会社ウェザーニューズ やって来たのは千葉市幕張にあるウェザーニュースって会社。 ウェザーニュースの駒木結衣さん。 一体何を当てているんですか? こちらです。 天気予報をや...
[がっちりマンデー]儲かる!当たるビジネス(3)[株式会社HIROTSUバイオサイエンス]
株式会社HIROTSUバイオサイエンス やって来たのは東京・紀尾井町にあるHIROTSUバイオサイエンスって会社。 こんにちは。 HIROTSUバイオサイエンス代表の広津です。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました