[WBS] [白熱!ランキング] 歩いて渡りたい絶景橋!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

一生に一度は歩いて渡ってみたい・・・そんな橋が続々登場します。

株式会社ぐるなび

日本国内おすすめの観光・グルメ・体験アクティビティ│ぐるたび
フルーツ狩りやワイナリー見学、乗馬体験、シュノーケリングなど様々なプランを掲載中。編集部&現地ライターが今おすすめの観光スポットやグルメ、イベント、お土産情報もご案内します。

山奥の秘境に掛かる橋。

青い海の上を一直線に伸びる橋。

そして、世界遺産を目指す橋。

いま大自然の中に掛けられた橋が人気だといいます。

ぐるなびの観光情報サイト「ぐるたび」担当、山内真美さん、

橋の上を自分の足で歩いて渡ることで大自然を体感し、絶景と一体化できる橋の人気が高まっている。

そこで今回はゴールデンウィークにオススメ、一度は歩いて渡りたい橋ランキング。

8位~10位

まずは8位から10位。

8位 茨城・常陸太田市 竜神大吊橋
9位 沖縄 古宇利大橋
10位 兵庫 徳島 大鳴門橋

竜神大吊橋

8位に入ったのは竜神大吊橋です。

茨城百景の一つにも挙げられているこの橋。竜神峡の絶景が味わえるとして2018年度は25万人が訪れました。

そして、この橋のもう一つの売りが、吊橋を利用した高さ日本一の100メートル級バンジージャンプ。去年は1万5,000人がこの橋からダイブしています。

4位~7位

続いて4位から7位はご覧の通り。

4位 徳島・三好市 祖谷のかずら橋
5位 青森・鶴田町 鶴の舞橋
6位 大分・九重町 九重「夢」大吊橋
7位 熊本・八代市 梅ノ木轟公園吊橋

鶴の舞橋

5位に入ったのは青森県の鶴の舞橋です。

総ひば造りの日本一長い「三連太鼓橋」として今から25年前に掛けられました。その美しいフォルムは街のシンボルとして多くの人に愛されています。

1位~3位

そしてトップ3はこちら。

1位 静岡・川根本町 夢の吊り橋
2位 山口・錦帯橋 鶴の舞橋
3位 静岡・三島市 三島スカイウォーク

三島スカイウォーク

3位に入ったのは静岡県にある三島スカイウォーク。

歩行者専用としては日本一長い全長400メートルの吊橋。天気の良い日は富士山はもちろん、駿河湾や伊豆の山並み、そして静岡市まで一望できます。

そんな三島スカイウォークに去年、新たな施設が誕生。

それが、橋のすぐ脇を滑走する長さ300メートルのロングジップスライド。

絶景を見ながら爽快感を味わえます。

錦帯橋

そして、2位に入ったのは山口県のあの名所。

岩国市にある錦帯橋です。およそ350年前にときの藩主が造らせたこの橋は流出や再建を繰り返しつつ、2004年に現在の姿となりました。

岩国観光ガイドボランティア協会の竹本邦夫会長、

曲線の美しさをどのように造っているかを眺めるのがベスト。

中央に3つアーチを描く世界的にも珍しい木造の橋。

真下から見上げるとその造りは驚くほど複雑です。

全国各地から観光客が訪れ、去年は60万人が渡りました。

橋の上には結婚式用の写真を撮るカップルの姿も・・・

「なぜここで記念撮影を?」

広島から来たカップルは、

昔から白無垢で橋の上で撮るのが夢だったので。

そんな錦帯橋は近い将来の世界遺産登録を目指しています。

先月はフランスから有識者を招き、世界遺産登録に向けて意見交換を行いました。

また、多くの人が訪れることを念頭に置き、一昨年あるプロジェクトが始動しました。それは「錦帯橋を車椅子で渡ろうプロジェクト」。岩国市などが中心となり車椅子の人が安全に渡れる仕組みについて実験を繰り返しています。

岩国市観光振興課の廣津圭介さん、

車椅子の人など橋を渡ることが難しい人にも渡ってもらえるように活動している。

夢の吊橋

そして1位に輝いたのは静岡の秘境にある、その名も「夢の吊橋」。

新東名高速の島田金谷インターから1時間半ほど走った先にある寸又峡。

坂本透記者、

ここから1.5キロ歩いた先に夢の吊橋があるそうなので行きたいと思います。

薄暗いトンネルを抜け、急な階段を下ります。

そして歩くこと30分。

見えてきました夢の吊橋。

一度は歩いて渡りたい橋、1位に輝いた夢の吊橋。

この日は川の水が少なくあいにくの曇り空でしたが、条件が揃えばご覧の通り、水面がエメラルドグリーンやターコイズブルーに輝き幻想的な美しさになります。

全長90メートル、高さ8メートルのこの橋、渡るのもなかなかスリリングです。

ヤバい。無理かも。

元々は明治時代に地元の人が物資を運ぶために掛けた橋でしたが、最近は橋の真ん中で願い事をすると恋が叶うパワースポットとして人気が拡大。いつかし夢の吊橋と呼ばれるように。

川根本町まちづくり観光協会、大村昭彦さんは、

川根本町の観光のシンボル。

多くのお客様に来てもらいたい。

間近に迫った10連休。スリルや絶景が楽しめるさまざまな橋を渡ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました