[WBS]【THE行列】茶葉にこだわり!「かき氷」!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

静岡市にある小さな店。

中に入ると満席です。

三重県から来たかいがありました。

めっちゃうまい。おいしい。

それは、この日本茶で作った小さなかき氷。そのこだわりとは・・・

株式会社T’s green

株式会社 T's green
株式会社 T's green、静岡市 - 「いいね!」344件 - お茶CAFE

日本茶専門店「ティーズグリーン」。

昼下がりになると店内は席を待つお客様で溢れています。

お客様のお目当ては、

「令夏絢爛」になります。

このかき氷のセット、3種類の小さなかき氷に5種類の揚げ団子、そしてお茶の飲み放題が付いて1,050円、

そのお味は、

おいしい。濃い。

すごく濃くて、口の中でわっと広がる感じ。

本当にお抹茶ですね。

かき氷

実はこの3種類のかき氷のシロップはすべて静岡産の茶葉が使われているのです。

1つ目は香り豊かな静岡抹茶で作ったシロップ。

2つ目は静岡産の茶葉で作った紅茶のシロップ。

そして3つ目のシロップは・・・

オーナーの神谷さん夫妻が一番こだわっているものだといいます。

ティーズグリーンの神谷園佳さん、

実家の煎茶を使っている。今年の新茶。

実は妻の園佳さんの実家は江戸時代から続くお茶農家。渋みの強い上質な金谷茶を作っています。

実家の茶葉を使った玄米茶に抹茶を加えたものを砂糖とともに5分ほど煮込みます。

天候によって微妙に変わる味を見ながら茶葉と水の量を調整していきます。

出来たのが黄金色のシロップ。たっぷりとかき氷にかけて。

一体、どんな味なのか。

抹茶よりあっさりじゃないけど、めっちゃおいしい。

飲むだけでなく、食べていただいて、皆さんに知ってもらえれば。

地元産のお茶のおいしさを知ってもらいたいと神谷さん夫妻が起業したのは6年前。

お茶農家は皆厳しい状態が続いていて、年齢も高くなって継ぐ人がいない。

そこで地元のお茶が味わえるカフェを併設した日本茶専門店をオープン。

団子を提供したり、日本茶を使ったスイーツを作ったりと試行錯誤を重ねました。

そして、去年考案したかき氷セットが大ヒットとなりました。

見た目にも鮮やかで一度にいろいろなお茶の味が楽しめると県外からもお客様が訪れるようになりました。

さらに、

お茶おいしいです。

ティーズグリーンの神谷努さん、

中身はこれです。

新茶でも八十八夜、一番いい時に取ったものなので。

かき氷を食べたお客様が茶葉に興味を持ったくれることも。

去年の夏にはかき氷効果で茶葉の売り上げが1.5倍に伸びたといいます。

次はこうしよう、ああしようと、見せに来て良かったと思ってもらえるようにこれからも工夫していきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました