[WBS] 「格安」ビアホールのカラクリ!実は従業員が・・・!?

ワールドビジネスサテライト(WBS)

暑い夏に飲む冷たいビール。最高ですよね。7月3日、営業を開始したビアホール「銀座ライオン」の新店舗では他の店舗より安くビールが提供されます。その謎を解くカギは従業員にありました。

株式会社サッポロライオン

銀座ライオン
創業明治32年の老舗ビヤホールを運営する「サッポロライオン」のホームページ

7月3日に開店したこちらのビアホール。全国におよそ170店舗を展開する銀座ライオンの新店舗です。

営業が始まると店内はあっという間に満席に。

ソーセージが1本290円、グラスの生ビールは1杯390円。

他の店舗のグラスビールは590円。それより量はやや少なめですが安くなっています。

来店客、

同じビールで安く飲めるのは非常にいい。

しかし、なぜこの店舗では価格を安くしているのでしょうか?

サッポロライオンの三宅祐一郎社長、

新しい取り組みとして、若いスタッフだけで運営をする店舗をスタートさせようと。

実はここでは接客から調理、売上げの管理まで全て研修中の若手スタッフが行います。

店舗名は「新橋トレーニングセンター店」。

今後、ここで若手を育てていきます。

良い試みだと思う。定員の話し方がすごく丁寧。

提供は遅いが「育ててあげたい」という気持ちがある。

温かく見守るお客様がいる一方でこんな辛口な声も・・・

並んでいるのに声をかけられないし、「何名お待ちですか」とも言ってくれないし。

最初だから仕方ないというのもあるが。

これからの店舗運営は少子高齢化から始まる人手不足を考えると、あらゆることを1人2役3役でやれる、そんなスタッフを将来的に育てていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました