[WBS] 服を置かない&売らない洋服店!?ファーストリテイリングの新戦略!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

ファーストリテイリングが展開するユニクロの物流倉庫。

人手の掛かる作業をほとんど自動化するなど、ユニクロはいまネット通販に力を入れています。

一方、姉妹ブランドのジーユーでもこうした動きを加速する新たな店舗を開きます。

店頭で服を売らない店、その実力とは?

株式会社ジーユー

ファッションの聖地、原宿に11月30日にオープンするのはユニクロの姉妹ブランド、ジーユーの新店舗「GU STYLE STUDIO」です。

こちらのジーユーの新店舗、ファストファッションというと商品が山積みされているイメージですが、なんだかスタイリッシュでセレクトショップのような雰囲気です。

次世代店舗を謳った店内にはデジタル技術を駆使した様々な仕掛けが。

それがこの大きな画面です。

私のアバターを作成します。

自分に似せたアバターで様々なコーディネートを試すことが出来ます。

こうした機能は店内だけでなく専用のアプリでも利用可能。

アバターで組み合わせた洋服を実際に着てみると・・・

すでにバーチャル上で試着しているので、実際に着てみて大きな失敗はないかなという感じです。

事前にアバターで着せかえをすることで試着の回数と時間を絞ることができます。

さらに、

試着室に商品を持ち込むと同じ商品が表示されました。

商品に付けられたRFIDと呼ばれる無線タグを試着室内のセンサーが読み取る仕組みです。

買いたい商品を選んだらQRコードを読み取ってスマートフォンに転送。

支払いはそのままスマホで行い、商品は最短で翌日に自宅へ配送されます。

株式会社ファーストリテイリング

10月9日、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、

われわれは世界中にできるだけ最短で自動倉庫をつくりたいと思っている。

ファーストリテイリングではいま物流の改革に力を入れています。

東京・有明では作業の9割を自動化したユニクロの物流倉庫が稼働。

今後は関西にさらに大きな物流倉庫を新設。

ジーユーの参加も検討されています。

ショールーム

こうした物流機能を最大限に活用することで原宿の店はショールームの機能に特化。

店頭には1アイテムあたり試着用の数枚しか並んでいません。

これまでの店では同じアイテムを130枚以上も陳列。

店員の仕事の6~7割を占めていた商品の品出しを大幅に減らすことができました。

ジーユーの柚木治社長は、

ここで働くスタッフの作業、大幅に軽減できる。

よりお客様に接してサービスを提供できる。働き方が大きく変わる。

接客サービスを向上させるため、この店では新たな取り組みも始めています。

ニット系で攻めた方がスタイリングが作りやすい。お客様の購買意欲をプラスできる。

3人1組で接客のロールプレイ。

ファストファッションブランドの弱みだった商品の提案力を強化するのが狙いです。

ファーストリテイリングで初めての試みとなった今回の新店舗、その裏には大きな危機感があるようです。

洋服に使う金額、減っているが洋服やファッションへの関心は上がっている。

最先端に行かないとお客様の支持は得られない。