スポンサーリンク

[WBS]立て直しに向け課題山積!立憲民主党新代表に泉健太氏[立憲民主党]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

11月30日に投開票された立憲民主党の代表選挙では泉政調会長が新たな代表として選出されました。

政権の選択肢を目指すとした泉新代表ですが、党の立て直しに向けては課題が山積しています。

立憲民主の新代表に泉健太氏!どうなる?連合との関係

泉健太候補が新しい代表に当選した。

逢坂誠二氏、小川淳也氏、泉健太氏、西村智奈美氏の4人の候補者で争われた今回の代表選挙。

1回目の投票では決着がつかず、逢坂氏と泉氏による決選投票の末、泉氏が新たな代表に選出されました。

立憲民主党の泉新代表。

47歳の新しい船長に就任した。

国民の目線で国民中心の政治をしていく。困っている方に寄り添い、皆さんのために働く政党として改めて歩んでいきたい。

旧民主党、民進党、希望の党、国民民主党と経て去年、立憲民主党に合流した泉氏。

衆議院選挙で敗北した党の立て直しに向け早速、代表戦で争った3人の候補を頭の役員へ起用する考えを表明するなど挙党態勢の構築を始めます。

ただ立て直しには難しい課題が・・・

最大の支援大体である連合との関係改善です。

連合の芳野会長。

もともと連合の考えと共産の考え方は違う。

立憲民主党と共産党の共闘は連合の立場としてありえないと言い続けたい。

立憲民主党が衆院選で押し進めた共産党との連携を真っ向から否定。

その上で「新しい代表にも連合の考え方を示し、理解してもらいたい」と強調しています。

これに対し泉氏は・・・

連合の芳野会長、連合の思いをよく受け止めて、立憲民主党としての党再生が最優先だと思っているので、まずはそこから取り掛かりたい。

その上で共産党との関係については「単に継続というわけではない」と言及し、見直す考えをにじませました。

一方、衆院選では立憲民主党と限定的な閣外からの協力で合意していた共産党は・・・

共産党の志位委員長。

日本共産党と立憲民主党との政権協力の合意というのは個人と個人が結んだものではない。これは公党間の合意だ。

立憲民主党にもぜひ、そういう立場で対応してもらいたい。

立憲民主党の党内にも共産党との連携を一定程度支持する議員は多く、立憲、共産、連合の三角関係の行方が注目されます。

来年夏の参議院選挙まで時間が限られている中、泉氏は難しいかじ取りを任せられることとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました