[WBS] [白熱!ランキング] 冬の夜城!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

夜城

冬の闇夜に浮かぶ城。

夜の城にたたずむと戦国の「戦いの声」が高らかに上がっていくみたい。

そう語るのは夜景評論家の丸々もとおさん。

夜の城は写真集が出るほどの人気となっています。

夜にこそ城の素晴らしさがある。

空気が澄んだ冬が見頃のオススメの夜城とは?

6位~10位

それではランキングを見ていきましょう。

6位 高知城
6位 会津若松城
6位 彦根城
9位 熊本城
10位 竹田城

竹田城

10位は兵庫県の竹田城。

朝は天空の城として人気ですが、夜は石垣にライトアップ。

天守閣はありませんが城の力強さを感じることができます。

熊本城

9位は3年前の地震からの復旧作業が進む熊本城。

現在は工事用のクレーンが立てられています。

現代のテクノロジーが夜間に融合して未来的な景観を思わせる。

彦根城

8位は月との共演が美しい国宝、彦根城。

会津若松城

同率の6位は白虎隊で有名な会津若松城。

高知城

番組が注目したのは同じく6位の高知城。

1603年に築城された高知城。

江戸時代以前からの天守が現存する12の城の一つで、なかでも本丸の施設がすべて現存する唯一の城です。

そんな高知城の夜の姿がこちら。

凛と伸びるその美しさで日本三大夜城の一つに選ばれました。

実は高知城のライトアップは自治体ではなく、ある民間人が始めたといいます。

こちらが一番初めに高知城をライトアップしたバー赤い靴の田中滋子ママです。

夜の高知城を見たいという子供心。

軒の観光課にライトアップをお願いした。そうしたら断られた。

諦めなかった田中さん、なんとビルの屋上に400万円をかけ巨大なサーチライトを設置しました。

ボタンを押すと・・・

サーチライトの光が闇夜にある高知城を浮かび上がらせます。

しかも、誰でもボタンを押せるので県外からもお客様がやって来るといいます。

ライトアップしてよかった。

お客様に喜んでもらって、こんなに嬉しいことはない。

3位~5位

3位 大阪城
4位 弘前城
5位 姫路城

姫路城

ランキングに戻って5位は姫路城。

白鷺城とも呼ばれる白い壁が特徴の国宝。

1993年に日本で初めて世界文化遺産に登録されました。

しかし、午前0時にライトアップが終わった後にこそ通な楽しみ方が・・・

姫路は湾岸部に工場があって、そこから水蒸気が立ち上がって、これがまさに戦国時代の「戦いの夜」みたい。

弘前城

4位は現存12天守で最も北にある弘前城。

大阪城

3位は大阪城。

現代的なビルと歴史建築物の調和が評価されました。

高さ55メートル、いわずとしれた大阪のランドマークです。

その大阪城のすぐ近くになにやらキラキラと輝く場所が・・・

こちらは幕末から明治時代の街をイメージしたイルミネーション。

体中を電飾で着飾った花魁が登場する時代劇も行われています。

夜の城を生かしたナイトタイムエコノミーの取り組みです。

日本イルミネーション協会の宮本茉歩さんは、

家族でイルミネーションを楽しむ人が増えて、この周辺がすごくにぎわってきている。

2位

いよいよベスト2。

2位 五稜郭

五稜郭

2位は五角形の堀を持つ五稜郭。

明治新政府と旧幕府軍による最後の戦いの舞台となった城。

その城もいまではきれいにライトアップ。

唯一無二の夜景が見られるのは冬だけです。

1位

そして栄えある1位は?

1位 松本城

松本城

長野県にある名城、松本城。

天守と水面が近いため堀には逆さ天守が映り込む。

池の中から立ち上がってきたみたい。

日本で一番美しい反射をする城。

光と影が共演する夜の城。

あなたもこの冬、戦国の世に思いを馳せてみては・・・

スポンサーリンク