スポンサーリンク

[WBS] 【THE行列】クレープブリュレ

ワールドビジネスサテライト(WBS)

株式会社フレーズ

東京・原宿、竹下通りから1本入った路地にあるクレープ店「コムクレープ原宿」。

行列は店の前だけ・・・ではなく店の裏まで続いていました。

最大90分待ち。

そのお目当ては、「クレープブリュレ」。

どんなクレープなのか?

お客様の声

パリパリ。おいしい!

家族全員で並ぶ人も。

クレープは食べているが、ちょっと違う。

異色のクレープ

異色のクレープを作るのは、これまた異色の経歴を持つ男性。

他のクレープ屋さんより、日本一おいしいと思っている。

中に包まれた秘密とは?

クレープブリュレ

北陸・富山。

原宿で行列ができていたクレープ店の本店はここにあります。

「コムクレープ本店」。

看板メニューの「クレープブリュレ」は一体どう作るのか?

まずはじめにカスタードホイップを搾り、バーナーで焦げ目をつけます。

これをクレープ生地で巻き、最後にまた焼き色をつけます。

「ブリュレ」とはフランス語で「焦がす」という意味。

クリームを焦がした洋菓子「クレームブリュレ」が有名ですが、それをなんとクレープにしました。

2016年7月には東京・原宿にオープン。

日本一のクレープ激戦区で瞬く間に人気店となりました。

外がパリパリで、中がふわふわ。

記事がすごいもちもちしていて、クリームと合っていて美味しい。

創業者の長谷川圭さん

考案したのは「コムクレープ」創業者の長谷川圭さん。

特にこだわっているのが意外にも生地だといいます。

クレープは上から順に食べる「コース料理」だと考えている。クリームは最初多めで9割以上、生地が1割以下。最終的には生地だけを食べてもらう。生地だけでも美味しくないと後味が悪いのでこだわる。

詳しくは企業秘密ですが、オリジナルのクレープ粉を絶妙な比率で配合しているといいます。

モチモチとして弾力があるのが特徴。生地だけでも販売している自信作です。

しかし、何故クレームブリュレをクレープにしようと思ったのか?

前からクリーム(クレーム)ブリュレがあまり好きではなかった。「これをクレープにしたら」と考えていて、そのときに「クレープブリュレ」という名前だけできた。

実はクレープ店を始める前はコピーライターだったという長谷川圭さん。名前がまず先に浮かびました。

コピーライターの勘で「いける」と思った。あとはどうやって作るか。

名前のイメージに合うよう、半年をかけて試作を繰り返したという。

「クレープブリュレ」シリーズ

逆転の発送で生んだ「クレープブリュレ」はいまや大ヒット!

通信販売も大人気です。

「クレープブリュレ」シリーズは実に年間10万個以上を売り上げます。

抹茶味の和風クレープ

そして、いま研究をしているのが、

外国人向けの「抹茶味の和風クレープ」。

主役はなんと「抹茶のようかん」。

それに抹茶のパウダーを掛けます。

発想した名前は「クレープninja(仮)」。

発売は2020年夏、東京オリンピックの年です。

日本代表のクレープということで世界の人に食べてもらいたい。

独創的なクレープが食べる人の胸を焦がしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました