[WBS] すでに約5万人が予約!?30億円投入・・・「東京都英語村」とは?

ワールドビジネスサテライト(WBS)

日本人の弱点の一つといわれているのが英語のスピーキング力、話す力です。

TOEFLの世界ランキングのスコアでは日本は163ヶ国中135位。

特にスピーキングのスコアは世界最低レベルです。

この状況を打破しようと東京都は9月から新しい英語の教育施設をスタートします。

その実力を検証しました。

株式会社TOKYO GLOBAL GATEWAY

東京・江東区で9月からオープンするという施設。

中に入ってみると・・・

須黒清華キャスター、

英語の実践練習ができる施設ですが、こちらには病院があったり、ホテル、売店、そして奥には空港まであります。

病院や売店など英会話が体験できるセットが並んでいる施設。

小中高校の課題授業などで活用する狙いで東京都の方針に沿って博報堂や学研などの民間企業5社が立ち上げました。

東京都はこの施設に対して10年分の家賃や改修費用など合わせて30億円以上を拠出する予定の巨大プロジェクトです。

早速、開始すると・・・

私はこうしたミッションカードを貰いました。サンドイッチをカスタマイズできるということです。

カードには「サンドイッチをカスタマイズ注文する」という課題が書かれています。

どのようなサンドイッチがいいですか?

いろいろ具が入っている方がいいから・・・

many…

many ingredients(材料)?

冒頭、「具をたくさん入れてほしい」という表現が出ずつまづきました。

店員を務める男性は元英語教師。

この施設、このような教師系経験者を含む30ヶ国から集まったおよそ100人の外国人スタッフが働いています。

続いて飛行機。

課題はブランケットと枕をもらうことです。

ブランケットと枕をもらえますか。

寒いですか?

少し。

エアコンの温度変えましょうか?

かなり流暢になってきました。

英語力向上を目指して作られたこの施設、料金は半日コースの2,400円から。

すでに都内を中心に370校、およそ5万人の予約が入り2019年3月まで埋まっている状況です。

谷口正一郎統括本部長は、

授業だと先生が話していることを一生懸命聞くのでいいが、ここでのやり方は逆。話したことが「伝わらない」「言い方が分からない」という欲求を高める工夫ができている。

さらに英会話を練習する場面は旅行先だけではありません。

ニュース番組を英語で作ることができる施設。

英語でニュースを読みなんて初めてですよ。

そして、

TGGスタジオから清華がお伝えします。

安倍総理はきのう自民党総裁選への出馬を宣言しました。

カンペを読みながらなんとか終了。

英語村ではニュース番組制作のほか、お茶体験など普段経験しない非日常の活動を英語で体験することで学習効果を高める狙いがあります。

東京都教育庁国際教育推進担当課長の瀧沢佳宏氏は、

東京自体がグローバル化する舞台になる。

外国人が来る数も増えているし、仕事する機会もますます増えていく。

トータルで見たとき投資に見合う十分な価値がある。