スポンサーリンク

[WBS] [白熱!ランキング]日本全国「ご当地マスク」![株式会社髙島屋]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

マスクの着用が欠かせなくなった今、さまざまな企業がマスクの生産に参入しています。

地方の中小企業でもコロナによる業績の落ち込みを伝統工芸などを用いたマスクの生産で回復させようとする取り組みが増えてきています。

今回の白熱ランキングです。

株式会社髙島屋

高島屋
高島屋ホームページ。全国の店舗情報や採用・IR情報などの企業案内をはじめ、ギフトやフード、ファッションなどのオンラインストアもお楽しみいただけます。通信販売、タカシマヤカード、友の会のご案内もご覧いただけます。

マスク生活が長くなる中、マスクの種類もどんどん増えています。

友達とか人と会う時は気持ちを入れるためにもおしゃれな感じのマスクをつけます。

着物を着ることが多いので着物でもおかしくないような形で。

百貨店の髙島屋大阪店では先月、北海道から沖縄まで全国からご当地マスクを集めたイベントを開催。

その数およそ300種類。

髙島屋大阪店の呉服部、藤井守部長、

2週間で約1万4,000点のマスクを販売。バリエーションが豊かな点が好評。

そこで今回は日本全国のご当地マスクをランキング。

7位~10位

まずは7位から10位。

7位 結城紬マスク (茨城県)奥順 1,650円
8位 手染め 本藍染マスク (岡山県)馬野 1,320円
9位 シルク&チャームマスク (大阪府)音遊 3,850円
10位 播州織マスク (兵庫県)善徳織物など 1,485~1,980縁

岡山の藍染、茨城の結城紬など伝統工芸を用いたマスクがランクイン。

播州織マスク

注目したのは10位の播州織マスクです。

播州織は兵庫県の山間、北播磨地域で作られています。

250年の歴史を持つ綿織物です。

柄はチェックやストライプ、シャツやカバンなどの生地に使われます。

糸を先に染めてから織ることで色彩豊かで細やかな柄を生み出せるのが特徴です。

こちらの播州織の織物工場「善徳織物」では3月からマスク作りを始めました。

そのきっかけは・・・

善徳織物の渡辺ゆずほさん、

マスクがなかなか手に入らなかったので家族分を確保するために作り始めました。

定番のチェック柄が一番人気。

性別を問わず使いやすいと好評だそうです。

温かいです。柄も可愛らしい。ちょっと冬に合いそう。マフラーに合いそうです。

4位~6位

4位から6位はこちら。

4位 洗えるきもの地マスク (京都府)髙島屋大阪店オリジナル 1,100円
5位 やさしくつつみマスク (和歌山県)ニィテッド 1,100~1,320円
6位 アイヌ文様マスク (北海道)登別アシリの会 1,650円

アイヌ文様マスク

6位はアイヌ文様マスク。

向かったのは北海道登別市。

アイヌ文様マスクを作っているのは地元の小さな刺繍サークルです。

今年2月、7人でマスク作りを始めました。

アイヌ文様の刺繍は全て手作業。生地に2mm間隔で糸を刺していきます。

棘や渦といった文様がありその1つ1つに意味があります。

登別アシリの会の芳賀美津枝代表、

アイヌ文様の特徴ですがとがったところは「アイウシ」というもの。

目に見えない病原菌を来ないように威嚇をしている。

コロナが収束するようにと願いが込められています。

人気のきっかけとなったのが5月、当時の菅官房長官の会見。

アシリの会が作ったアイヌ文様マスクをつけていました。

これで一気に全国に知られるようになり注文が殺到。一時は2ヵ月待ちに。

今ではメンバーが30人にまで増え、週に500枚作れるようになりましたがそれでもすぐに完売になるそうです。

マスクを眺めて文化を理解してもらえたらうれしい。

1位~3位

続いてベスト3。

1位 加賀友禅デザインマスク (石川県)加賀友禅 毎田染画工芸 1,980円
2位 小千谷縮のマスク (新潟県)髙島屋大阪店オリジナル 1,980円
3位 願衣マスク (岡山県)渋谷商店 660~1,100円

加賀友禅デザインマスク

岡山や新潟を抑えて1位に輝いたのが加賀友禅デザインマスクです。

作っているのは金沢市にある加賀友禅の工房「毎田染画工芸」。

加賀友禅とは着物の染色の技法で草花など自然の描写を重視します。

葉が虫に食われて色が変わった様子を描く「虫食い」といわれる独特の技法が特徴です。

加賀友禅 毎田染画工芸の毎田仁嗣さん、

本来の加賀友禅はすべての工程を手で行う。

今回の物に関してはマスクなので機能性が必要であることを鑑みて加賀友禅のデザインを用いながらプリントで表現している。

プリントといっても柄は熟練の職人がデザインしています。

加賀友禅の特徴である虫食いもこのようにしっかり描かれています。

まだまだ終りが見えない完全防止対策。

各地のご当地マスクはちょっとした気分転換につながるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました