スポンサーリンク

[WBS]なぜ人気?微アルコール!サッポロ”度数0.7%”で勝負[サッポロビール株式会社]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

今年3月にアサヒビールがアルコール度数1%未満のビールテイスト飲料を発売しました。微アルコールという新たなジャンルの商品ですが売れ行きが好調で2倍に増産することになりました。

そして、この成長市場に7月13日、ライバルメーカーが参戦すると発表しました。

サッポロビール株式会社

サッポロビール
「★乾杯をもっとおいしく。」サッポロビールのウェブサイトです。黒ラベルやヱビスをはじめとした商品情報のほか、レシピやサッポロのお酒が飲めるお店情報、工場見学など、乾杯をもっとおいしくする情報をお届けします。

7月13日、サッポロビールが開いた記者会見。

サッポロビールの野瀬裕之社長、

ほんのわずかなアルコールが入っている「微アルコール」で新しい提案をしていきたい。

発表されたのは9月14日に全国で発売する「サッポロ The DRAFTY」。サッポロが初めて販売する微アルコールのビールテイスト飲料です。

ノンアルコールではなく、0.7%のアルコール度数にすることでビール好きにも満足できる味を仕上がったといいます。

清松明弘記者、

引っかかりがなくてゴクゴク飲める感じがします。そして口の中に少し甘い感じが残ります。

これまでビール市場は大きく分けてアルコール入りとノンアルコールのビールの2つでしたが、サッポロはその隙間に新たな市場があると見ています。

1%未満のところというのは歴史が浅い。お客様に理解してもらうためには時間がかかるかもしれない。

ただ確実にこれは成長していける市場。

微アルコール飲料の店頭での売れ行きは・・・

ビックカメラ新宿西口店の新藤真人さん、

アルコール度数が0.5%のビアリーという商品。

今、微アルコールとして売り場を占めているのはアサヒビールが今年3月に発売したアルコール度数0.5%のビアリーです。

普段ビールを飲むお客様で1本目や2本目にビールを飲んでから、もう1本飲みたいときに自分の体調を気にして買う人が多い。

7月13日に会見を開いたアサヒビールはビアリーのヒットについて・・・

アサヒビールの松山一雄専務取締役、

特にミレニアル世代。

20~30代の若年層からの支持があるのもビアリーの特徴。

若い層を中心に売れているというビアリー。ただ、ビールなどアルコールの1人あたりの消費は年々減少し、なかでも若い層のアルコール離れが加速しています。

街で聞いてみると、

月に1回くらい。親の付き合いで飲むかな。

あまり飲まない。1週間に1回飲むか飲まないか。

アサヒビールによると国内の20~60代の成人、およそ8,000万人のうち普段酒を飲まないのはおよそ4,000万人に上ります。

4,000万人の層に対して商品やサービスの提供ができていなかった。

微アルを出してみて、市場が活性化するのを目の当たりにした。

これまで酒を飲まない4,000万人の新たなお客様が「微アル」のポテンシャル。

アサヒはビアリーの製造設備を新設し、製造量を現在の2倍に増やします。

さらにビアリーに次ぐ微アルコールの新商品を投入します。9月下旬に発売するのはアルコール度数が0.5%のハイボールで、微アルコール市場をさらに盛り上げる狙いです。

ビアリー含め微アルコールは市場全体で7%しかない。

アサヒビールの中で2025年までに20%に持っていきたい。

今の3倍以上の規模にしたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました