スポンサーリンク

[がっちりマンデー]儲かる!リサイクルウォーズ2021!(1)[株式会社山翠舎]

儲かる!リサイクルウォーズ2021!

株式会社山翠舎

SANSUI-SHA | 株式会社山翠舎
古材店舗数実績 No.1 古材再生を得意とする店舗設計施工会社です。日本で最大の古材倉庫を長野県に所有しております。古民家から調達した古材を自社で製材、加工します。デザイン設計から施工、什器制作までを一貫して取り組んでおります。このスタイルは日本で唯一山翠舎(さんすいしゃ)だけです。

最初にやって来たのは長野県長野市にある山翠舎という会社。

よろしくお願い致します。

スーツ姿がバッチリ決まった社長の山上浩明さん。

どんなリサイクルビジネスでがっちりなのか教えてください。

山翠舎は家をリサイクルしている会社です。

家をリサイクル?

実はこの山翠舎、元々は家やお店をつくる普通の工務店だったんですが・・・

2008年、リーマンショックの影響で売上げが1億円以上減少。会社は倒産の危機に!

しかし、2009年に開始した家のリサイクルビジネスで倒産の危機を脱出!

でも家のリサイクルってどういうことなのか?

社長に連れられ倉庫に向かうとそこには大量の木が!

家に使われていた木材をリサイクルしています。

「これ全部、家に使われていた木なんですか?」

そうです。

山翠舎がリサイクルしているのは住宅に使われていた木材。

でも結構使い込んでいる感じがしますが・・・

本当にこれが売れるんですか?

「売れるんですか?」

売れます。

戦前に建てられた家を古民家というんですけど、古民家で使われていた木材がこちらにございます。

実は山翠舎がリサイクルしているのは戦前に建てられた家、いわゆる古民家の木材。

どういう風に使うかというと・・・

神奈川県鎌倉市の旅館は山翠舎の木材を使って古民家風の客室を建築。

新品の木とは一味違う味わいが生まれ、歴史と高級感を感じられる空間に。

長野県の道の駅「小谷」では特産品売り場の内装に山翠舎の木材を使用。

道の駅おたりの幾田美彦社長。

年月をかけて味わいが出てきて、買ってきた木では出せない。

木材を入れてから道の駅の売上げが以前の1.5倍以上。

しかもこの木材、どれもなかなかのお値段。

例えば150年前に建てられた古民家で梁に使われていた5mの松の木は・・・

これくらいの大きさですと10万円くらいですかね。

さらに200年ほど前の古民家に使われていた8mの巨大な松の木はなんと200万円。

山翠舎はこの売れる木材をおよそ5,000本もストック。

でもこんなにたくさんの木材を一体どうやって集めているのか?

特別にその調達現場を見せて頂けるということで、向かったのは新潟県上越市。

骨組みになった木造のお家で何やら作業をしております。

このように山翠舎は歴史ある古民家を自ら解体して木材をゲットしている。

この日解体しているのは築100年を超える古民家。

木を傷めないように解体作業のほとんどは手作業。これはかなり大変そう。

実は山翠舎さん、解体作業そのものは相場の半額近い150万~200万円で請け負っている。

再利用可能な木が多いほど私どもで買取らせていただくので安い金額で解体できる。

使えそうな木材をお客さんから買い取っていく。

良い木材がたくさん取れるお家なら解体料金よりも買取金額が上回って・・・

お客さんがプラスになることもある。

これはうれしい。

あれ見てください。スゴい柱、みんな使ってあるよね。

かっこいいよね。

解体と木材集めを担当するのは社長のお父様で御年78歳の山上建夫会長。

これトラック4台。150本以上あるね。

この日はこちらの一軒からおよそ150本の木材を買取。

さらに山翠舎には木の買取だけでなくもう一つの儲かりビジネスが!

古民家を解体して建て直す。

「もう一回この家を建て直すってことですか?」

建て直す。

家を解体してもう一度別の場所で建て直す「移築」。

デザインから運搬、そして組み立てまでを山翠舎が一手に担い、こちらの住宅の場合はお値段およそ2億円。

この古民家位の移築には絶対に欠かせない大事な工程が!

山翠舎の倉庫では職人さんたちがクレーンで木材を持ち上げ何かを組み立てている。

これは・・・

山翠舎の棟梁、中島重雄さん。

仮組み。

木っていうのは最初のうちはまっすぐなんだけど年数100年150年も経ってくると自然に曲がってくる。

実は木材には木目に沿って曲がってしまう性質があって、家で固定されている間は大丈夫なんですが、解体してバラバラにするとちょっとだけ反りかえったり歪んでしまう。

曲がってしまった木は元に戻らないので移築先で組み立てようとしてもうまくいかない。

そこでもう一度試しに木を組んで穴などを作り直す仮組という工程が欠かせないんだとか。

こうして1本1本の木を丁寧にリサイクルする山翠舎。

今期の売上げ見込はなんと9億円!

山翠舎は家のリサイクルでがっちり!

[がっちりマンデー]儲かる!リサイクルウォーズ2021!(1)[株式会社山翠舎]
株式会社山翠舎 最初にやって来たのは長野県長野市にある山翠舎という会社。 よろしくお願い致します。 スーツ姿がバッチリ決まった社長の山上浩明さん。 どんなリサイクルビジネスでがっちりなのか教え...
[がっちりマンデー]儲かる!リサイクルウォーズ2021!(2)[日本環境設計株式会社]
日本環境設計株式会社 続いて向かったのは東京は恵比寿の住宅街にある日本環境設計という会社。 チョコパイが好物だという中村崇之さん。こちらの会社ではどんなリサイクルビジネスをやっているんですか? 服のリサ...
[がっちりマンデー]儲かる!リサイクルウォーズ2021!(3)[株式会社コークッキング]
株式会社コークッキング 続いて向かったのは東京都港区にオフィスを構えるコークッキングという会社。 「おはようございます。」 おはようございます。 よろしくお願いします。 がっ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました