[WBS] セフがレジ袋を有料化へ!消費者は賛成!?反対!?

ワールドビジネスサテライト(WBS)

スーパーやコンビニで買い物をするとレジ袋をもらうことができます。このレジ袋、政府が有料化を義務付ける方針を打ち出したことでスーパーやコンビニも対応を迫られています。そんな中、ごみ袋をレジ袋にしてしまおうという逆転の発想でプラスチックごみを削減しようという試みが始まっています。

株式会社オザム

こちらのスーパーでは買い物をするとレジ袋を渡してくれます。

東京・足立区にあるスーパー「スーパーオザム足立保木間店」。こちらでは買い物をしたお客様にレジ袋を無料で提供しています。

今週、政府がスーパーなどにレジ袋の有料化を義務付ける方針を示したことについてお客様に聞いてみると・・・

「有料化をどう感じる?」

量が多いときは袋をもらって帰る。

少ないときはエコバッグを持ってきている。

レジ袋からエコバッグに変わっていく過渡期だと思うので、エコバッグに慣れていけば問題はなくなる。

エコの観点から賛同する声が多く聞かれました。

中小を中心にレジ袋を無料で配布する店がある一方、イオンやイトーヨーカドーなど大手のスーパーではレジ袋に2円から5円程度を取る店も増えています。

ただレジ袋の有料化についてはこんな声も・・・

「レジ袋を家でどう使っている?」

ごみ捨てや子どものオムツを入れるのに使っている。

「レジ袋が有料化すると指定のごみ袋を買わないといけない?」

ちょっと困る。

自治体指定のごみ袋がない地域ではレジ袋をごみ袋として活用している消費者も。

レジ袋が有料化されればごみ袋を別に買う必要に迫られるのです。

株式会社スーパーマルトモ

一方、レジ袋をごみ袋にするのではなく、自治体の指定ごみ袋をレジ袋にしてしまうという逆転の発想でプラスチックごみを削減しようとしている店も・・・

静岡県沼津市では・・・

南澤昭一記者、

スーパーで買物をしたときに貰える無料のごみ袋です。スーパーの店舗のマークの下には沼津市指定のごみ袋として利用できると書いてあります。

このスーパーのレジ袋はなんと沼津市指定のごみ袋。買い物をした後はごみ袋として再利用できるのです。

有料の店も一部ありますが、こうしたレジ袋を市内の多くの小売店が採用しています。

沼津市民に聞いてみると、

この市の袋に入れないとごみが出せない。

ごみ袋として使えるなら、ちょっとした買い物のときには指定袋になっていると助かる。

また名古屋市内の一部のスーパーでも市の指定を受けたレジ袋を無料で配っています。

ごみ袋にできるレジ袋はお客様にも好評です。

このサイズで可燃ごみ用なので。

小さいごみ袋として使えるので45リットルとかじゃなくて結構助かっている。

少人数だと10リットルで十分。

家庭で使えて、ついでにごみに出せるから良い。

レジ袋の大きさは家庭用のごみ袋として丁度良いという人も多いよう。こうして有効に活用されているごみ袋も有料化の対象になるのでしょうか?

あるスーパーの担当者は、

法律で決まったら真摯に対応するが極力今のままでやらせてほしい。

株式会社セブン&アイ・ホールディングス

一方、スーパーと事情が違うのがコンビニエンスストア。

コンビニのお客様に聞いてみると、

男性が買い物バッグってあんまり持たない。

お金がかかるのはしょうがない。

コンビニは仕事の合間や出先でフラッと立ち寄ることもあるため、レジ袋をもらわざるを得ないケースも多いのです。

こうした中、プラスチック製レジ袋削減で新たな取り組みを始めたのがセブン-イレブンです。

環境配慮のため紙袋を用意しているが入れてもいいですか?

セブン-イレブンが横浜市の一部の店舗に導入したのが紙製のレジ袋。

レジでは店員がレジ袋の削減や紙袋の提供について丁寧に説明。店内にはポスターも掲げて来店客に理解を求めています。

セブン&アイ・ホールディングスのコーポレートコミュニケーション本部、戸田雄希さん、

紙袋でいいというお客様が大半を占める。取り組みに理解していただいていると聞く。

レジ袋を辞退される方も多い。

4月から実証実験を始めたところ、紙袋も含めてレジ袋を受け取らないお客様が増えたといいます。

環境配慮と聞いたらいいのかなと、紙袋。あとはもらわなかったり。

セブン&アイ・ホールディングスはこれまでもレジ袋を薄くしたり、植物由来の原料を配合したりとごみやCO2排出の削減に取り組んでいました。

2030年までにプラスチック製のレジ袋をゼロにする計画で、紙製のレジ袋もその一環です。

「ほかのコンビニで紙袋が広がったら?」

そのときの状況によるかもしれないが、できるだけ紙袋にしたいと思う。

今月中にはミニストップがレジ袋の有料化の実証実験を始める予定。

コンビニ各社の試行錯誤が続きます。

スポンサーリンク