スポンサーリンク

[WBS][コロナクライシス トップの決断]東京ドーム買収ゲームの勝算は?[三井不動産株式会社]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

東京ドームの買収をめぐる新たな動きについて。

新型コロナの影響で業績が悪化したドーム側に対し、大株主の海外ファンドが一部の経営陣の退陣を求めています。

そこで先週、ドームの買収に名乗りを上げたのが三井不動産です。

大型買収ゲームの勝算はあるのでしょうか?

シリーズ企画「トップの決断」です。

三井不動産株式会社

都市に豊かさと潤いを 三井不動産グループ
三井不動産のウェブサイトです。新築分譲マンション、一戸建て、オフィスビル、商業施設、海外事業、採用情報、IR情報などについてご紹介いたします。

開業から32年を迎えた東京ドーム。

新型コロナの影響が直撃したプロ野球でしたが多くの感動をファンに届けました。

しかしその足元で東京ドームの業績は悪化。

観客の入場制限や周辺の商業施設の一時休業なども響き21年1月期の決算はグループ全体で180億円の最終赤字に転落する見通しです。

経営の改善を求める香港の投資ファンドから社長らの解任の要求を突きつけられる中、ここにきて東京ドームのTOBを発表した救世主が・・・

三井不動産。

買付額は1株1,300円で総額およそ1,200億円。東京ドームも賛同し、三井不動産は事実上のホワイトナイトに。

イベントの自粛が続く中、買収後の勝算は・・・トップの決断に迫ります。

「どうしてこの買収を決断したのか?」

これから未来に向けての街作りのコンテンツとしてスポーツ。

これは非常に重要だと考えるようになった。

東京ドームシティの敷地が次世代でやっていく街づくりの最適な素材。

読売新聞・三井不動産・東京ドームというメンバー構成。

最強・最適・最良のパートナーである。

15年ほど前から東京ドームの立地の良さに目をつけ、チャンスを伺っていたという三井不動産。

6月、読売新聞を通じて東京ドームに接触し、買収を提案したといいます。

ポストコロナになればまた人は集まる。にぎわいがまた人を楽しませる。

スポーツが感動を与えることは変わらないと確信が得られたのでこの投資の決断をした。

商業施設の運営で1兆3,000億円を売り上げ、高級ホテルの開発でも実績を持つ三井不動産。

東京ドームをどう変えようというのでしょうか。

お客様の満足度を高める。

デジタル技術、スマホを使って、食べ物・飲み物を席でも頼める。

買い物・トイレに行こうという時に混み具合が分かるようになる。

東京ドームが築30年を超えて老朽化。時代に合わなくなっている。

ハードウェアも含めてリニューアルをしていくことになる。

中長期的な課題としてドーム自体の建て替えも視野に入れていました。

一方、東京ドームの事業の運営が不十分だとして経営陣の解任を求めている大株主のファンド「オアシス・マネジメント」。そのトップがWBSの単独取材に応じました。

オアシス・マネジメントのセス・フィッシャー最高投資責任者、

今回の三井不動産によるTOBは歓迎すべきこと。

三井不動産と読売新聞は非常に良い組み合わせ。

「『1株1,300円』の買取価格について?」

非常に良い価格だ。

「『1株1,300円』にのるのか?」

来週、三井不動産・読売新聞に会うので直接彼らに話したい。

来週、三井不動産などと協議した上でTBOへの対応を決めるとしています。

オアシスは1月、東京ドームについてデジタルを使ったイベント運営などを提案。

しかし会社側がこれに対応しないとして社長らの解任を要求。17日の株主総会で採決されます。

「ドーム社長らの解任提案を取り上げるか?」

取り上げない。臨時株主総会は非常に重要。

コーポレートガバナンス上、彼らは責任を取るべきだ。

TOBが完了して買収すれば三井不動産がマネージメントする。

買収先の物言う株主をどう見ているのでしょうか?

オアシスの改善提案と三井不動産の提案はかなりだぶっているところがある。

ただ、それを実行する力という意味でわれわれは他とは差別化できる。

「人が密を避ける時代はすぐに収束しそうか?」

そう簡単には収束しないと考えた方がいい。

全部満席に埋めてしまわなくても収益力が上がるような価格体系やその価格がお客様に訴求できるイベントやスポーツゲームの企画が必要。

「この先の日本経済はどうなるのか?」

ガクッと下がって底でバウンド。コロナが死なないとなった時には急角度で回復する。

沈んだ経済はコロナの治療薬などの開発を機に再来年以降、急回復するという見立て。

ポストコロナの世界はウイルスの危険性がなくなれば人間の根源的な欲求として人は集まりたがる。

スポーツのような感動を求める。それは変わらない。

「感染症のリスクにさらされる時代にも商機は?」

商機はある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました