[WBS] まるでホテル!?レストラン付き!?超高級シニア向け住宅登場!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

三井不動産は60歳以上を対象にした超高級シニア向け住宅の内覧会を開きました。日常生活で様々なサービスを受けられ、そこに住みながら介護設けられる住宅がいま増えています。

三井不動産レジデンシャル株式会社

三井不動産レジデンシャル株式会社
三井不動産レジデンシャルのコーポレートサ...

三井不動産レジデンシャルのシニアレジデンス事業部、井上貴嗣部長、

自宅介護でも介護施設でもない新たな選択肢としてシニアレジデンス(住宅)のニーズが出てくるのではないか。

三井不動産が公開したのは新たに開発した超高級シニア向け住宅「パークウェルステイト浜田山」です。

玄関を入るとホテルのような高級感のあるラウンジがお出迎え。

早速、部屋を見せてもらうと・・・

三井不動産レジデンシャルのシニアレジデンス事業部、近藤哲生さん、

59平方メートルの部屋で1人の入居を想定している。

リビングと寝室を一体感のあるように広く使える。

最もスタンダードな1LDKの部屋です。分譲ではなく賃貸契約ですが1年や2年ごとの契約更新はなく、人生の最後まで住むことができます。

この物件はサービス付き高齢者向け住宅と呼ばれ部屋以外にもさまざまな設備がついています。

その一番の売りは、

こちら側が介護用エリア。

広さ25平方メートルほどのワンルームが合計8部屋。入居者に重度な介護が必要になったときには無料で使えます。

部屋のそばには専用の風呂も設置。看護師やヘルパーが常駐し24時間対応できる体制が組まれます。

原則引っ越しする必要がなく、最後まで住めるように設備を整えている。

ほかにも高級レストランさながらのダイニングも。

日替わりメニューは2種類ずつあるほか、麺類や一品料理も注文できます。

食事代はもちろんかかりますが予約は不要。朝・昼・晩と営業し、入居者をサポートします。

ほかにもフィットネスジムや大浴場などさまざまな設備を備えています。

気になる賃料は1LDKで1人で入居する場合、75歳ならおよそ1億7,000万円、60歳なら3億4,000万円。入居する時の年齢によって変わります。

賃料を毎月払いにする場合は年齢にかかわらずおよそ94万円です。

さらに様々なサービスを利用するための月額利用料がおよそ26万円とかなり高価格帯ですが、

企業の創業者や役員、富裕層の60歳くらいから90歳まで予想より幅広い人に反応をもらっている。

こうしたシニア向け住宅の開発がいま活発化しています。

東急不動産は2年前、東京・世田谷でおよそ250戸の物件を竣工。

野村不動産も販売していてサービス付き高齢者向け住宅は2013年と比べておよそ2倍に増えています。

三井不動産もすでに第2弾、第3弾のプロジェクトを進めていて、富裕層の需要を取り込む予定です。

年1~2物件ずつ供給できるようにしたい。

有望な分野だと考えている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました