[WBS] ハイボール1杯50円!?「ハッピアワー」導入のワケ!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

飲食店で夕方の早い時間帯に来店するとお酒を安く飲めるサービス「ハッピーアワー」を導入する企業が急増しています。その裏には消費者の変化と飲食店のしたたかな狙いがありました。

株式会社串カツ田中

大阪名物伝統の味|串カツ田中
串カツ田中の味は、大阪の西成区でそのレシピが誕生しました。先代から受け継いだ田中の味をお楽しみください。

東京・新宿にある串カツ田中。

まだ午後5時と早い時間ですが、もうお酒を飲んでいるお客様がいます。

メニューには「超絶ハッピーアワー!」の文字が。

レモンサワーとハイボールがなんと50円です。

串カツ田中では今年6月から全店舗でハッピアワーを実施。午後5時から6時までの間、破格の値段でお酒が飲めます。

串カツ田中の織田辰矢営業本部長、

オープンしてすぐの時間は空席が目立つ。すごくもったいない。

なんとか早い時間帯にも来てもらえないかと。

ハッピアワーの導入で早い時間帯の売り上げは前年を超えてきている。

ハッピアワーの導入により開店直後の時間帯の来客数はおよそ2割増加。利益も出ているといいます。

働き方改革で退社時間が早まった会社員や時間に余裕のあるシニアなど新たな客層の獲得につながっています。

ハッピアワーを続けていって「オープンしてすぐにぐわっている」という状態にできればと。

ハッピアワー

いまハッピアワーを導入する飲食店は急増しています。

グルメサイト「ぐるなび」でハッピアワーをキーワード登録している店舗の数は1年前に比べて2.8倍に増えました。

さらに居酒屋だけではありません。

フレッシュネスバーガーでは午後4時から7時までビールなどが210円、ホテルニューオータニではカクテルやワインなど40種類を一律1,000円で販売、またすかいらーくグループではガストやバーミヤンなど2,500以上の店舗でハッピアワーを導入しています。

株式会社ウェルカム

DEAN & DELUCA
世界中の美味しい食べ物をあつめた、食するよろこびをお伝えする食のセレクトショップ

さらにこんなお店でもハッピアワーが・・・

高級食品店の「DEAN & DELUCA」。

こちらの店舗はサンドイッチやケーキなどが楽しめるカフェとして女性客に人気です。

居酒屋とは真逆の雰囲気ですが、ここも7月にハッピアワーを導入しました。

午後4時から8時までアルコールメニューが100円引きになります。

ビールサーバーから出てくるのは華やかなホップが香るクラフトビール。

通常550円のところを450円で楽しめます。

午後5時半、ビールを片手に食事を楽しむ女性客の姿が。

今日は仕事帰り。ハッピアワーの看板を見て入った。

居酒屋だとちょっとうるさすぎたりするので。

1時間後、女性たちがビールの次に頼んだのは白ワインとケーキ。

食事からデザートまで幅広いメニューとともにアルコールが売れていくのはハッピアワーだからこそ。

これこそがディーン&デルーカの狙いでした。

ディーン&デルーカを運営するウェルカムの酒井杏子さん、

1日の売り上げの7~8割が午後3時ぐらいまで。

夜のニーズを見いだすにはフードでプラスするより、いかにドリンクを飲んでもらえるかが大きい。

売上を伸ばす仕組みとしてさまざまな飲食店で導入されるハッピアワー。

今後も広がりを見せそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました