[WBS] 話題の書「ファクトフルネス」!あなたの認識はズレている!?

ワールドビジネスサテライト(WBS)

スタジオの皆さんにいま話題のクイズを出します。

第1問「世界の平均寿命は約何歳?」

(1)50歳 (2)60歳 (3)70歳

正解は「(3)70歳」。

第2問「世界でわずかでも電気が使える人は?」

(1)20% (2)50% (3)80%

正解は「(3)80%」。

第3問「低所得国で初等教育を修了する女子は?」

(1)20% (2)50% (3)80%

正解は「(3)80%」。

これは知識の多い人ほど間違えるということです。

このクイズは世界の現状と私たちの思い込みとのズレに焦点を当てた世界的なベストセラー書籍「FACTFULNESS」で紹介されているものです。

この著者がこうしたズレを正す方法を語ってくれました。

FACTFULNESS(ファクトフルネス)

今年、日本で一番売れるビジネス書と話題になっている「FACTFULNESS(ファクトフルネス)」。

事実や最新の統計を元に物事を見る習慣を付けることを提案しています。

専門家とされる人たちでも自分の認識と世界の現状にズレがあることを示し、世界ではすでに100万部を超えるヒットに。

その著者の一人がアンナ・ロスリング・ロンランドさん。

人々の認識はなぜ現実とズレてしまうのでしょうか?

私たちはかつてないほど高い教育を受けるようになり自分の無知に無頓着になる。それが落とし穴。

「もう知っている」と思い込み、知識やデータの更新をしなくなる。

ただ、こうしたズレは恐怖や犯人探しなど人間が持つさまざまな本能からくるもので、解消するには時間がかかるといいます。

人間はドラマチックな話が好き。

時間をかけ社会が良くなることは忘れがち。だから認識はズレていく。

知識のアップデートが重要だとわかっても真の実践はなかなか大変なこと。

目まぐるしい社会の変化の中で、うその情報も拡散する現代。私たちが普段の生活で心がけられるものは何か、コツを聞くと・・・

政治家が何か数字を出したら他と比較し読み解いてみること。

政治家は一部の数字を選んで使い、全体像は見せはしない。

政治家に全体像を望むのは期待薄。残念だが有権者が賢くならないと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました