スポンサーリンク

[WBS] [白熱!ランキング]ルーより売れるレトルトカレー![株式会社エース]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

手軽でおいしいレトルトカレーランキング。

これは父の夢だった。

株式会社エース

個性あふれる専門店 | 株式会社エース
関西一円、首都圏を中心にスーパーマーケット北野エース、北野エースフーズブティックなどを展開する株式会社エースのホームページです。

全国に91店舗ある高級スーパー「北野エース」。

大手スーパーにはない個性的な品揃えの中、特に際立っているのが・・・

北野エースの斉藤太一バイヤー、

こちらが「かれいなる本棚」。

こちらの商品棚、まるで本棚のようですが?

取り出してみると全てレトルトカレー。

その数、300以上です。

少ないスペースで最大限、商品を置けるように考えた陳列方法。

本屋さんでひらめいた。これだ!

実はレトルトカレーの市場規模はカレールーを逆転。拡大傾向は止まりません。

1つは技術の進化。レトルト臭さがなくなってきている。

もう1つは趣向の変化。

同じ値段を出すなら手軽に自宅で色々なものを食べたい。

本格的な商品が増え、高価格帯のものが売れているといいます。

ますます目が離せないレトルトカレー。今回は北野エースの売り上げからランキング。

9~10位

まずは9位と10位。

9位 牛テールカレー Gorotto 豊味館 1,620円
10位 たこカレー 西海醤油 745円

牛テールカレー Gorotto

番組が注目したのは9位の「牛テールカレー Gorotto」。

なんとその価格は1,600円超え。

湯煎にかかる時間は14~18分とかなり長い。

一体どんなカレーなのか?

中から姿を表したのは巨大なお肉です。

メジャーで測るとなんと8.5センチもある。

牛ですね。

贈答用を含めて味が良いのでかなり売れている。

株式会社豊味館
長崎のこだわりの逸品を食卓に|株式会社 豊味館
長崎のこだわりの逸品を食卓に|株式会社 豊味館

作っているのは長崎県佐世保市にある豊味館です。

その作り方は・・・

豊味館の松尾あゆみ社長、

カレーに入っている牛テール肉。

テール、つまり牛のしっぽです。

カットして、大きい部分だけ使用。

1頭の牛から3袋しか作れません。

骨からはおいしい出汁が出るのだといいます。

茹でた後に蒸して旨味を閉じ込めます。

その温度や時間は企業秘密です。

このカレーは松尾社長のお父さんが思い出の味を蘇らせたものだといいます。

戦後復興のまっただ中、父の母がホルモン屋を営んでいた。

時々手に入る牛テール肉をうちに持ち帰ってきた。

そのときのおいしさが忘れられない。

父の思い出の食材がカレーになりました。

色んな加工品をやっていますが、これは父の夢だった。

いまや高級レトルトカレーに生まれ変わったおふくろの味は年間4万食売れています。

4~8位

続いて4位から8位はこちら。

4位 広島名産かきカレー レインボー食品 540円
5位 さくらんぼカレー 後藤屋 702円
6位 たらばかにカレー 高島食品

681円

7位 オホーツク流氷カレー ベル食品 702円
8位 いちごのカレー 永井園 594円

5位と8位は同じジャンルの一風変わったカレーだといいますが・・・

さくらんぼカレー

注目のカレーを訪ねて向かったのは山形県の南部に位置する高畠町。

有限会社後藤屋
山形県の郷土総菜なら【後藤屋ネットショップ】
山形県の郷土惣菜・米沢牛・ご当地カレーなら後藤屋でどうぞ。産地直送の品を豊富に取り揃えております!

ここで5位のカレーが作られているといいます。

工場に入るとちょうどカレーを袋に詰めていました。

後藤屋の佐藤力さん、

さくらんぼカレーです。

カレーの概念を覆すピンク色のルーが特徴のさくらんぼカレーが5位。

中に入っているのは山形県産のさくらんぼの品種「ナポレオン」です。

気になる味は・・・

高島嘉成記者、

さくらんぼの酸味も感じられて、変な味ではないです。甘いおいしいカレーです。

いちごのカレー

第8位は永井園のいちごのカレー。

栃木県産「とちおとめ」のピューレ。

カレー人気を受け、去年新発売したのが「いちごのカレーサイダー」。

果たしていちご味なのか?

永井園の中川慶之常務、

いちご味が最初に広がってあとで少しカレーがくる。

「カレーは飲み物」、実際に飲み物にしたらどうなるか。

1~3位

再びランキングに戻ってトップ3。

1位 大人のためのビーフカレー 北野セレクション 399円
2位 飛騨牛カレー 吉田ハム 980円
3位 函館カレー 五島軒

400円

大人のためのビーフカレー

第1位は北野セレクション「大人のためのビーフカレー」。

THE ビーフカレー。

皆さまが一番好きなビーフカレーの味を凝縮。

お金を出してでも食べたいカレー。

侮れないレトルトカレー。

今後、どのように進化していくのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました