[WBS] 冬の閑散期、どう客を呼ぶ!?USJ「アニメの世界に入れる」!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

株式会社ユー・エス・ジェイ

松岡修造さんが、

ユニバーサル・クールジャパン2017、オープン!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで1月13日から始まるイベント「ユニバーサル・クールジャパン2017」。

株式会社ユー・エス・ジェイのマーケティング本部、中嶋啓之さんは、

この時期は気候の影響もありパークとしては閑散期でお客様が来づらい。

エヴァンゲリオンXRライド

この閑散期にお客様を呼び込もうと世界から「クールジャパン」と評価される日本のアニメやゲームなどに着目。

その中の一つ、「新世紀エヴァンゲリオン」をテーマにしたアトラクションです。

天野博幸さんは、

VRのゴーグルを付けてエヴァンゲリオンの世界を360度楽しむことができます。

TVアニメの放送から20年以上経った今でも根強い人気を誇る「新世紀エヴァンゲリオン」。

3年前のイベント開始以来、毎年登場している人気コンテンツです。今年はジェットコースターに乗りながら楽しむライド系アトラクションです。

視覚・聴力に重力も加わり進化したVR技術によってアニメの世界に入り込むことができます。

ユニバーサル・クールジャパン2017

それ以外にもゴジラや進撃の巨人など海外でも人気のテーマをコンテンツとしたアトラクションが並びます。

中嶋啓之さんは、

イベントを始めて若い人やインバウンドが増え、お客様の多いシーズンに生まれ変わった。

これからの時期、休みに入る中国からの観光客を始め、海外からの観光客、インバウンドの効果もありパークの状況は大きく変わりました。

イベントの期間は常設のアトラクションに匹敵するほど資金を投じています。イベント期間中のアトラクションの数も毎年増え続けており、今年はアジアを中心に人気が高い名探偵コナンをテーマにしたアトラクション「名探偵コナン・ザ・エスケープ」も初登場。

爆弾事件が発生した警察署を舞台に施設内に隠された謎を解き、制限時間内の脱出を目指します。

日本の素晴らしいエンターテイメントを発信することで多くのインバウンドが来る。

東京ディズニーリゾート

一方、東京ディズニーリゾートも冬の閑散期に向けたイベントを始めます。

やって来たのは映画「アナと雪の女王」のキャラクターたち。彼らがこのイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」の主役です。

キャラクターと触れ合い、笑顔の子供たち。1月13日から始まるイベントで狙うターゲットは、ずばり「アナと雪の女王」のファンの子供です。

株式会社オリエンタルランドの広報部、横井香織さんは、

「アナと雪の女王」は特に小さな子供に人気なので子連れの家族を中心に楽しんで欲しい。

このイベントは3年前から冬の時期に行なわれてきましたが、人気の高まりを受けて2016年からパレードの規模を拡大しました。

また今年からシンデレラ城をスクリーンに見立てたショーを刷新し、前編「アナと雪の女王」バージョンになりました。

このように子供を惹きつけることで国内のリピーター客をさらに掘り起こす作戦なのです。

リピートしてもらえるよう、スペシャルイベントや新アトラクションなど、投資を継続して行っていきたい。

閑散期の冬を「アナと雪の女王」という強いコンテンツで乗り切り、今後定番イベントとして定着させたい考えです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました