スポンサーリンク

[WBS]東京メトロ大型上場へGO!品川地下鉄構想が進む[東京地下鉄株式会社]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

東京メトロの路線図ですが、品川駅の周辺や臨海エリアの交通網が変わるかもしれません。

7月15日、東京メトロの株式をめぐり国と東京都の協議が行われ、上場の方針と新たな路線整備について合意しました。

東京地下鉄株式会社

東京メトロ
東京メトロのWebサイト。路線図や運賃、乗車券、定期券、お店、施設といった駅の情報をはじめ、安心への取り組みや企業情報といった東京メトロのさまざまな情報がご覧いただけます。

午後3時半。

東京都の小池知事。

きょうはですね、地下鉄についての話で・・・

急遽、テレビ電話で開催された国と東京都の会談。東京メトロの株式をめぐる協議です。

赤羽国土交通大臣。

株式について今後は関係者と連携して、売却する準備手続きを進めていきたい。

現在、国と東京都が保有する株式を互いに2分の1まで売却し、東京メトロの株式上場を目指すことで合意しました。

これまで国は東日本大震災の復興支援の財源を確保するため株の売却を目指していました。

一方、東京都は東京メトロの経営に関与するため売却に慎重な姿勢でした。

売却で合意したことについて元東京メトロ職員の専門家は・・・

鉄道ジャーナリストの枝久保達也さん。

上場が進まなかった最大の理由である東京都の反対を新線の整備を担保することで国は上場をのませる。

上場と新線建設がある意味、バーターでなされた。

東京都が求めた新線の整備とは。

品川地下鉄について早期の事業化に向けて取り組んでいく。

中筋孝臣記者。

白金高輪駅です。ここから1.5キロほど先にある品川駅と結ぶ計画が進むかもしれません。

合意は南北線の白金高輪駅と開発が進む品川エリアをつなぐ品川地下鉄構想を進めることが売却の条件になっているのです。

さらに東西線の混雑緩和のため、東西線をまたぐ有楽町線の延伸作業も盛り込みました。

今回の合意は事業をすすめる大きな一歩ですが、具体的な路線の着工までは時間がかかると見ています。

利用者にとってすぐに変わることはない。

株主の利益も見ながら公的な鉄道の役割も踏まえ、サービスを提供してほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました