スポンサーリンク

[WBS] 今年は「イエナカ消費」に注目!?レンジ調理でプロの味!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

「イエナカ消費」は文字通り家の中での食事や娯楽のことですが今回は食事に注目します。

消費税増税後の食事について聞いたアンケートでは税率10%の飲食店での食事やイートインよりも税率8%の自炊や持ち帰って食べると回答した人が多くなっています。

これをチャンスと捉え、小売やメーカーがイエナカ消費争奪戦に動き出しています。

株式会社成城石井

スーパーマーケット成城石井
スーパーマーケット成城石井は直輸入ワイン、チーズ、自家製惣菜、生鮮食品、輸入菓子など、日本、世界から選りすぐられた食品を取り揃えています。

全国でおよそ170店舗を展開する高級スーパー「成城石井」。

様々な厳選食材を取り扱う中、売り上げの20%を占めているのが惣菜。

その中で売上を伸ばしている商品があるといいます。

成城石井の五十嵐隆執行役員、

今、成城石井の惣菜で一番売れているのがレンジアップ惣菜。

こちらは普通の惣菜と違って生の野菜や肉などが盛りつけられています。

まだ生の状態で作っているので家庭の電子レンジで最後の仕上げをする惣菜。

実はこの商品、電子レンジで加熱調理する惣菜。

出来合いの惣菜にはない作りたての味を自宅で手軽に味わうことができます。

火が通っている惣菜はぶよぶよになっていたりする。

それとは違いシャキシャキの状態で食べられるのは魅力的。

結構おいしそうなものを何回か試した。

料理すると鍋を出して、洗い物が増える。そういう面でもいい。

忙しい共働き世帯や食材を買っても消費しきれない高齢者など幅広い世代に人気で先月上旬の売り上げは1年前に比べ40%増えているといいます。

デジタル化の進展でテレワークが一般化してきているので、イエナカ消費というところがかなり普及してきている。

日清フーズ株式会社

日清製粉グループ
日清製粉グループのウェブサイトへようこそ。日清フラワー、マ・マー、青の洞窟などの商品情報や、小麦粉&パスタレシピ、CM・キャンペーン、学ぶ・楽しむコンテンツはこちらから。企業情報ページでは、ニュースリリース、IR、CSR、研究開発、グループ会社などの情報を掲載しています。

そのイエナカ消費に商機を見出してるのが食品メーカーの日清フーズ。

2月5日、スマート・イエナカ食を謳った新商品25種類を発表しました。

日清フーズの小池祐司社長、

簡単に短時間でできる製品のニーズが高まっている。

このスパゲッティは小さな鍋で調理ができる様にこれまでより麺の長さを3分の2に短くしています。

湯で時間も3分です。

さらに手軽に食べられる冷凍パスタなどをリニューアル。

轟拓人記者、

冷凍食品とは思えないくらい麺がモチモチしています。麺が太いからソースが絡まりとても美味しいです。

イエナカ食、家でどう食べるか、どう作るのかをクローズアップして販売したい。

阪下千恵さん

料理研究家、栄養士 阪下千恵 公式ブログ
★YouTubeチャンネル『MIKATA KITCHEN 』↓にてレシピ動画公開中 料理研究家&栄養士の日々のごはん&仕事のこと。企業レシピ開発、メニュー開発、販促レシピ作成を得意とします。書籍(お弁当、もてなし、糖質オフ他多数)、テレビ、雑誌など幅広く活躍中。東京都在住、長野県上田市出身。2004年、200...

一方、イエナカ消費の拡大である家電にも人気が集まっているといいます。

料理研究家の阪下千恵さん。

普段愛用しているという家電が・・・

こちらのコンパクトホットプレート。

6年前に発売され累計販売台数173万台を超える人気商品です。

小さいので気軽に使える。あとはデザインがかわいいので、そのまま食卓に出しても調理に手を抜いた感じが出ない。

常にテーブルの上において置けるコンパクトさとデザインが受け、イエナカ消費の高まりと同時にいまも売れ続けているといいます。

フタをして加熱することおよそ20分。

出来上がったのは具沢山のパエリア。

果たしてその味は・・・

しっかり中まで火が通っていて短時間ですが魚介の味も染み込んでます。本格的なパエリアです。

そして付属のたこ焼きプレートのくぼみを使えばアヒージョもできます。

ホットプレートというと特別な日とかパーティー感があると思うが、普通のご飯で帰ってきてからさっと出して楽しみながら楽するのもいいと思う。

株式会社イデアインターナショナル

イデアインターナショナル:ライフスタイルをデザインするIDEA INTERNATIONAL
家電、オーガニックコスメ、トラベルグッズ、ギフトまでライフスタイルをデザインするIDEA INTERNATIONAL(イデアインターナショナル)トップページページ

このホットプレートを販売するイデアインターナショナルは今後拡大が見込めるイエナカ消費向け商品を強化したい考えです。

イデアインターナショナルの須崎博之取締役、

東京五輪や働き方改革で家の中での消費は増えていくと思うし、われわれができるのは家の中で毎日の食卓をパーティーのように楽しんでもらうこと。

そういったプロセスを商品で楽しんでもらいたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました